福岡伸一さんの生物学④

 福岡先生最大の問題がダーウィニズムを批判し、創造説っぽいことを一般の人にほのめかしている点です。

 誤解して欲しくないのは私は福岡さんの人格を攻撃しているわけではないし、文章も上手い立派な学者さんだとは思います。会ったことはありませんが、おそらくいい人でしょう。
 ただ今やメディアの寵児である福岡先生が、生物学に疎い人に誤った知識を授けてしまうのは見過ごせません。
 例えいくら先生が「これは私の個人的な意見ですが・・・」と前置きしてダーウィンを批判しても、やっぱり福岡さんの生物学しか知らない人は、それを正しいと信じてしまうのです。
 「あの福岡先生が言うのならそうかもしれない!」

 こんな事は言いたくありませんが、もしかしたら福岡伸一先生は専門外の進化論を大雑把にしか理解していないのかもしれません。
 もしくはあえて講演のお客さんの知識に合わせて、進化には遺伝子の意思が働いていると説明しているのか・・・でも嘘言っちゃまずいですよ。ダーウィンのロットワイラ―、ドーキンスが絶対ぶちギレます。

 まずは福岡さんのダーウィン批判から。

しかし、ダーウィニズムには欠陥があります。例えば、眼のような非常に複合的な仕組みの進化は十分説明できないのです。眼の機能は、レンズや網膜、神経回路、脳の中に画像を処理する仕組みなど、多くのサブシステムが連携して成り立っています。ダーウィンやドーキンスは、それぞれのサブシステムは、何億年もの時間があればちょっとずつ変化を繰り返しながら改良され、複雑な仕組みを完成し得ると言いました。

ちょうど盲目の時計職人でも非常に長い時間があれば、ランダムに部品をいじっているうちに時計を完成させるチャンスがあるという意味で、「ブラインド・ウオッチメーカーのモデル」と言われています。「ああ、なるほど」と思うかもしれませんが、決してそうはならないのです。

サブシステムがちょっとずつ変化し、改良されて眼がつくられたといいますが、すべてのサブシステムが全部完成しないと、眼は“見る”ことはできません。眼が見えるまでの、その途中段階にあるサブシステムというのは機能を持たないわけです。

機能を持たない仕組みは自然淘汰の対象にはなり得ません。しかし、非常に複雑な仕組みが、サブシステムそれぞれの改良によって統合されていく。あたかも進化にある種の方向性があるように見える。これは一体何かということは、今のところダーウィニズムでは説明できていないのです。


 これは所謂、現在の生物があまりに高度で複雑な形態を持つことから、それが漸進的な変化では決してできないと断定する「竜巻に巻き上げられた資材が空中にで合体し、完成したボーイングのジェット機が地面にドスンと落ちてきた位不可能だよ」という話なのですが、プロの生物学者が言うようなことではないです。

 ちなみにここでいう「ブラインド・ウォッチメイカー(目が見えない時計職人)」はリチャード・ドーキンスの有名な著作です。福岡さんはリチャード・ドーキンスが性に合わないなのでしょう。何かドーキンスに意地悪でもされたのか、と邪推してしまいます・・・
 
 ここで福岡さんの言っている事は間違いだらけで指摘が大変。ちょっと辛抱してください。

>サブシステムがちょっとずつ変化し、改良されて眼がつくられたといいますが、すべてのサブシステムが全部完成しないと、眼は“見る”ことはできません。眼が見えるまでの、その途中段階にあるサブシステムというのは機能を持たないわけです。

 まずここです。福岡先生は生物の進化の歴史を知っててこう言っているのでしょうか?生物の歴史は38億年。その長い歴史の中では様々な目が作られました。
 福岡先生が取り上げているのは、おそらく現在の人間などが持つ高度な目でしょう。しかし生物の目とはそれだけではありません。
 もっとも原始的な目は「ただの穴」。そうピンホールカメラです。目にあたる場所に穴を開けるくらいなら何とかなりそうだと思いませんか?目の進化はそこから始まりました。

>非常に複雑な仕組みが、サブシステムそれぞれの改良によって統合されていく。あたかも進化にある種の方向性があるように見える。これは一体何かということは、今のところダーウィニズムでは説明できていないのです。

 目は確かに非常に複雑な仕組みです。しかし傍から見れば無駄のない高性能な器官に見えますが、高校の生物の教科書で目の断面図の絵があると思います。高校の頃この複雑な目の作りを暗記するのに辟易としませんでした?私はしました。
 なんでこんなめちゃくちゃになってるんだ・・・?と。実は高性能だとされるヒトの目の設計は無駄だらけで、脳が視覚像を頑張って処理しているのです。

 ドーキンスが『進化の存在証明』において指摘しているようにヒトの眼最大の失敗が、光を受容する色素細胞、視細胞、錐体細胞、かん体細胞などが「なぜか外向き」についているということ(教科書で確認してみてください。たまげます)。
 それはなぜか・・・最初の目はただの穴でそこから地道にランダムな改良を重ねたからです。進化の痕跡は発生で解ります。興味をもたれた方は、ぜひ目の発生を調べてみてください。眼は外胚葉由来・・・眼胞という部分がくぼんでできているのです。
 もし高度な目が一時に設計、完成されたなら、光受容体はちゃんと内向きになるはず。なんでこんなめちゃくちゃな設計になるのか?そしてなぜ高校生は苦しまなければならないのか??

 生物は無駄だらけ・・・それは分子生物学者の福岡先生が一番よく分かっているはず。なにしろDNAのほとんど大部分は無駄なコードなのですから。
 当時の分子生物学者が一番驚いたのがそこです。意外と遺伝子として働いているコードが少なかったのです。
 そしてその遺伝子にも「イントロン」と言うアミノ酸をコードしてない部分がありディレクターズカット(RNAスプライシング)されちゃいます。

 まとめ:ダーウィニズムに福岡先生が指摘するような欠陥はない。ダーウィニズムに基づいて作られた目に欠陥がある。

福岡伸一さんの生物学③

 福岡先生の「動的平衡」が特にオリジナリティのあるものや新しい概念ではなく、生物学においては基礎中の基礎である概念であることを確認しました。
 しかしこれだけでは福岡先生の意見が間違っている!とは到底言えません。

 そこで二つ目です。究極的に間違っているのは福岡先生の進化論に対する考え方。これはちょっと見過ごしちゃいけないと思うんです。
 なんで他の学者は誰も指摘しないんだろう?やっぱり相手にするほどのことじゃないって思っているのでしょう。どう考えても科学の話じゃないから。

 プロの科学者がミスをしないと言うのは大間違いです。ここでノーベル賞を受賞された益川敏英先生の著書『学問、楽しくなくちゃ』から重要な話を引用したいと思います。

「ある時、物理学会で特別講演を頼まれたことがありました。少し数学的な話で、ぼく自身の中心的なテーマではなかったのですが、大事だから誰かが紹介する必要があるだろうというので、益川はそういうことを比較的ほいほいと話すからやらせなさいということで役目が回ってきたんです。
そしたらその講演が終わった後に、その分野の非常に数学的なところで仕事をされている先生が、「益川さん、益川さん」――「益川君」じゃなくて「益川さん」。私から見ると先輩の方ですよ。紳士なんですね――と声をかけてくれて、「さっきの話のあの部分は、もう一度、関係の論文を見直しておいた方がいいですよ」と言った。「あなたの話は間違っている」とは言わなかったんですが、そう言われたので後で調べてみたら、ぼくの引用の仕方が明らかに違ってました。(『学問、楽しくなくちゃ』34ページ)」


 この話で私は益川さんがより好きになりました。そして間違いをそっと指摘してくれた数学の先生も。科学においては間違っているところはやっぱり間違っている。間違いを素直に認める姿勢が科学者として大切なんだと思いました。

 で、福岡さんはおそらくドーキンスをはじめとする「遺伝子至上主義」が嫌いなんだと思います。それは福岡先生の講演でも伺えます。

 多くの生物は、実はできるだけサボろうとしている、できるだけ楽をしようとしています。ダーウィンやドーキンスには「利己的な遺伝子」という言明があります。「生命の目的は子孫を増やすこと。DNAは自己を複製することが目的であって、私たち個体はその乗り物にすぎない」という意味ですが、これとは違う遺伝子の側面を見ることができます。

遺伝子が自己を複製したい、私たち個体が子孫を残したいという行動はたくさん見受けられますが、実はそうではない生命の時間もたくさんあります。それは、できるだけサボろう、できるだけ楽をしようということ。

遺伝子は「自己を複製しろ」とだけ命令しているのではなく、むしろ個体に対して「自由であれ」と言っているようにも見えるのです。


 福岡先生のこの講演のソース:http://www.academyhills.com/note/opinion/tqe2it000004wiek.html

 科学者が最も注意しなければならないのがアナロジー(例えばなし)。
 このような説明をされてはあまりにドーキンスが不憫です。福岡先生はちゃんと『利己的な遺伝子』を読んだのでしょうか?
 私たちの体や意思は遺伝子によって「自己を複製しろ~」と操られている・・・そんなことドーキンスは言ってません。遺伝子に意思などないのです。遺伝子は「自分を複製しろ」とも「自由であれ」とも言っていません。命令もしていません。
 地球上に生物が出来たのは全て偶然。そこに神の意志も遺伝子の意思も関与はしてません。少なくとも科学的には・・・

 細胞膜の自己組織化を『生物と無生物のあいだ』で紹介してくれた福岡さんがこんな事を言うとはとても信じられない。

 そして福岡さんはさらに大きな誤りをこの講演で犯します。

福岡伸一さんの生物学②

 ・・・さてそろそろ本題に入ります。福岡伸一先生は一体どこがまずいのでしょうか?
 
 実は『生物と無生物のあいだ』はほとんど正しいことが書いてあります。だからこの本を全否定などはできません。
 この本を読んで福岡先生に好感を持った方は安心してください。「福岡はトンデモだ!」という行き過ぎた批判をする人の攻撃性の方がトンデモないです。

 つまり、こんな批判はいけません。
 例「福岡先生の動的平衡は、さも新しい生物学の考えかのように論じているけど、これは高校生でも習うただの代謝じゃないか。」
 福岡さんが言いたかったのは代謝のイメージが一般に考えられているよりも分子レベルで猛スピードで行われているということです。
 だから所謂代謝のイメージを一新するために、あえて「動的平衡」と言う言葉を用いて、それに対する見方を変えたのです。これはとても意味のあることです。

 ではどこがおかしいって言うんだ!ってなります。私がひっかかったのはこの本では二点だけ。
 ひとつは「生物の定義は自己複製するものだと考えられているが、私はこれだけでは不十分であると思う」というところ。
 
 「もし生命を「自己複製するもの」と定義するなら、ウィルスはまぎれもなく生命である。(略)しかしウィルス(略)には生命の律動はない。(『生物と無生物のあいだ』37ページ)」

 「結論を端的にいえば、私はウィルスを生物と定義しない。つまり、生命とは自己複製するシステムである、との定義は不十分だと考えるのである。(同書38ページ)」


 この様に述べた上で「生物とは動的平衡状態にあるものなのだ」と福岡先生は論を展開するのですが、そもそも生物の定義は「自己複製するもの」“だけ”とは現在定義されていません。
 「一体何年前の生物学の話をこの方はしているんだ」って気がするのですが、少なくとも私が子どもの頃から生物の定義は「①生態膜で独立」「②代謝」「③自己複製」と決まっていました。

 それをさも、今の生物学では「自己複製するもの」を生物と言うが・・・というのはちょっとフェアじゃない。「どの生物学者も自己複製にばっかりとらわれていて、動的平衡状態と言う発想に気付いてないんだよ」と言う風に読み取れてしまいます。・・・というかほとんどの読者はそう取ると思います。私もそう読み取ってしまいました。
 これでは福岡さんが本書で取り上げた、自分が書いた本で自分ばかりかっこよく描いて残りの学者は馬鹿にしたワトソンと変わらないのではないか?

 生物の定義は今ではちゃんと3つとされているんだから、自己複製にだけに固執する生物学者なんて今どきいないんじゃないかな。
 ※ちなみに生物の三定義については私は中学生の頃読んだ『ファーンズワース教授の講義ノート』で知りました。この本は破天荒な教授と学生の講義形式で書かれた本でなかなか面白かったです。

 つまり福岡さんの文章は「他の学者は自己複製にしか目が行ってないけど、私は動的平衡(=代謝)こそ生物の真実だと思うよ」というように読み取れてしまうけど、自己複製も代謝も生物学者にとっては自明の理。「何を今更・・・」ってことなのです。
 なのにそれを言わずに、生物の三定義を知らない一般の人に、「私が思うに・・・」と個人的な見解のように紹介してしまった。
 これは・・・いいのかなあ・・・??

 ここまでのまとめ:生物学者ならみんな知っている事はやっぱり「現在の生物学では、生物は自己複製し、代謝し動的平衡状態にあり、生体膜で外界と独立しているものであると定義されています」と書くべき。

福岡伸一さんの生物学①

 だめだ、塾で生物を教えている以上、おかしいところはやっぱりおかしい。福岡伸一さんの本は娯楽としてはとても面白いですけど、この本をきっかけにしてぜひ高校の生物の教科書をもう一度読んで欲しい・・・
 
 たとえばマイクル・クライトンの『ジュラシックパーク』だって重箱の隅をつつくならば、バイオテクノロジーの説明は大雑把で、ちょこちょこ間違っています。
 当時は「ヒトゲノム計画」にみんなが湧いていた時代。タンパク質の代謝よりもDNAの自己複製が生物学でも脚光を浴びていた。90年代はクライトンの予言通りクローンが想像より早く成功したし、「セントラルドグマ」なんて言っていた。そんな時代にあの小説は合っていたんです。
 でもあれはフィクション。実際の研究をリサーチして着想は得ているものの、あくまでもフィクションとして発表されています。

 しかし福岡伸一さんは輝かしい経歴を持つプロの科学者です。そんな福岡先生が言うことを一般の人は間違っているとは絶対思いません。そんな私も一般人。
 だから福岡さんの間違いはプロの学者さんがちゃんと指摘しなければならない。これはプロの科学者の責任です。
 なぜならプロの学者さんが福岡さんの誤りを指摘しなければ、世間の人は「やっぱり正しいんだ」と思ってしまうからです。 
 本当はあまりにも初歩的な誤謬で相手にしていないだけでも・・・

 これは私の「主観」を言っているのでは決してありません!なんかゴーダイとかいう知識ひけらかしたい奴が、福岡さんの理屈の細かいところ突いているぞ、というのも違います。
 私は「今の科学では、地球は太陽の周りを公転していると言われているよね」と言っているのです。
 これに対し福岡さんは「しかしこれは考えようによっては太陽が地球の周りをまわっているとも言えるよね」と言っているのです。まあ確かに天動説にロマンを感じる人は信じてもいいんです。それに考えようによっては「太陽や星が地球中心に動いている」とも言えます。
 でも科学的にはやっぱり「今は地動説が正しいとされている」としか私には言えません。

 科学は間違いを重ねる学問。もしかしたら進化論も将来反証されるかもしれない。しかし今は少なくともそれを覆す証拠は出ていない。ならやっぱり、この理論は(今のところ)正しいと言わなければ・・・

 世の中様々な意見があっていい。これはもっともです。人には様々な価値観があります。しかし科学はそのような価値相対主義に果敢に立ち向かう学問だと思います。

 「どんな意見だって愉しきゃいいじゃん」

 このスタンスは結構ですが、科学の世界においては、真面目に研究をしている科学者の人に対してあまりに失礼だと思うのです。
 「科学の論文を学会発表前に事前検閲しろ」などとは言いません。しかし学会にかけて、あまりにもメチャクチャな学説はやっぱり淘汰されてしかるべきです。トンデモを含めて色々な意見を一度プールした上で、批判、検証作業を行なうことは学会の使命でしょう。あのダーウィンですら進化論発表当初はトンデモ学者扱いされましたから・・・

 かつて世間で騒がれた「飲尿健康法」「納豆ダイエット」・・・あれは結局非科学的だと言うことで淘汰されました。今あれをやっている人はほとんどいないのではないでしょうか?そしてあれを信じた大衆は怒りました。
 もちろんあんな説を科学的な研究結果に基づいた学説のように報じたメディアはいけません。しかしそれと同時に納豆ダイエットを自分で検証せず鵜呑みにした人にも責任はあるのです。
 
 というわけで福岡伸一さんの言っているところで、どう考えてもおかしいところだけ検証したいと思います。

 『生物と無生物のあいだ』は娯楽としては大変面白い本です。ただこの本は『ジュラシックパーク』とは違う。科学の本です。
 もし『生物と無生物のあいだ』を、本書の帯に書いてあるように「極上の科学ミステリー」というならば、『ジュラシックパーク』のように、あとがきに「この物語は純然たるフィクションだが、物語の着想は実際の研究に基づいている」と書くべきです。

 これを読んで興味を持った人はぜひ『種の起源』や『利己的な遺伝子』・・・それが難しいなら、佐倉統さんの『進化論の挑戦』を読んでみてください。

福岡先生への手紙

 福岡伸一先生は本当にダーウィニズムを批判しているのか・・・?著書の中の文章だけではあまりに曖昧。・・・ということで福岡先生の研究室にこんな質問を送ろうと思います。

福岡先生はじめまして。

先生の著作楽しく読ませていただきました。

巷では先生はネオ・ダーウィニズムは進化を説明するには不十分として、ラマルクや今西錦司さんの進化論を支持しているという話を聞きます。

これは本当なのでしょうか?

それともいわれのない誹謗中傷なのでしょうか?

これがガセネタならば、断固戦うべきだと思います。動的平衡において先生に対する批判も批判の体をなしていないものもありますし。

また獲得形質が本当に遺伝するような実験研究例がありましたら、ぜひ紹介していただきたいと思います。


 例えば、時間の限られたテレビ番組や、購買層を想定した雑誌の連載で、ガチにダーウィニズムを説明するよりはずっと簡単な説明で済む「用不用説」を用いてロマンチックなイメージを視聴者や読者に提供した方が受けがいいのかもしれません。
 また科学に疎いテレビディレクターや編集者が「そう書いた方が売れますから・・・」と修正を求めてくるのかもしれない。

 私はかつて漫画の話で「面白さの犠牲にされる真実」という記事を書きました。しかしいくら面白くても科学者が面白さの為に正しい科学を犠牲にしては不味いのではないか・・・?
 福岡さんの真意はまだ解らないので、なんともいえませんが、あの脳科学者の人とかはテレビで「脳科学的な説明」を聞いたことがあまりありません。

 私はソ連がかつてルイセンコと言うトンデモ系農学者によって多くの餓死者を出したことは忘れてはいけないと思います。
 科学は反証する学問。だからダーウィンの説明よりももっと合理的な説明があれば別にダーウィニズムに固執する事はありません。
 とはいえ今のところダーウィンの進化論はアインシュタインの相対性理論くらい理にかなった理論だとされています。このような有名な理論を「実は間違っているよ」と言えば、読者の興味を引くことはできます(でも、そういった本は大抵とんでもない説だったりハッタリだったりします)。

 面白主義を標榜する漫画を描くお前が何言ってんだ。お前が言うなって気もしますが、やっぱり価値相対主義に行く前に・・・一応有力な定説を世間には「考える基準」として教えるべきです。
 それがあるべき科学の教育だと思います。たとえダーウィンよりラマルクの説明の方が解りやすくても・・・

 追記:科学の定義、科学的な思考については、なすぼねさんお勧めの一冊『系統樹思考の世界』(三中信宏著)が確かにお勧め!新書で超安いですがそれ以上の価値は確実にあります!
 だから系統樹!!w
Calendar
<< November 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277