絵画の教員と優等生は似ている

 「よい作家がよい教育者とは限らない。」とはうちの先生の口癖?でしたが、絵画の先生でよくいるタイプが視野の狭い熱血型。生徒にプロの作家としての意識を持てと強要し、生徒が制作に真摯に取り組まないと怒るタイプ。

 そりゃ「制作さぼっちゃ怒られるのは当たり前だろ」と思う人もいるかも知れません。それは全く持って正論ですけど私はこう思います。
 そういう態度の学生を、教員が叱責して無理に絵を描かせたって、それで出来る作品が本当にすごいものだと思っているのか?単なる教師面したストレスの発散じゃないのか?
 いくら美大生だってみんな自分のように絵を描くのが死ぬほど好きなわけないし(だからプロの概念があるんじゃないの?)・・・っていうか死ぬほど好きならあんた一人で死んでくれよって感じですが、別に実際死ぬまではやらないんだよな。
 そもそもそういうやる気のないバーンアウト学生は、モチベーションが起きるまで待ってやればいいだけの事で、起きなかったら「将来の自分のライバルが一人減ってラッキー♪」くらいに思っていればいいのに・・・
 
 あんたは教育者なのか?それとも芸術家なのか・・・?そもそも二足のわらじを履くんじゃねえよ。それが原因なんだよ。作家やりたいなら教員辞めろって。
 なんでこう思うかというと、教員やらずに作家だけの人は、けっこう己をメタ的に見れるできた人が多い気がするから(自分の経験上の話なので偏見かもしれませんが)。
 それに「私は弟子は取らない」とか言う人多いし・・・自分にはクリエイタ―としての才能はあるけれど、教育者としての才能は無いってちゃんと分かってるんだよ。

 あるブロガーさんが「今の若者はなんでも自由にやれるから、逆に何か一つのものを頑張りづらい」と言っていたけど、確かにそうかもしれない。
 本当は選択肢って歳をとると否応なしに収斂されていくようなところがあるけど、今は自分の将来は自分で選べってことになっていて、それって一見素晴らしい権利だって感じするけれど、みんながみんな特殊な才能があるわけじゃないから、ほとんどに人にはかなりのプレッシャーなんだと思う。

 なんかこの絵画の教員の話って、優等生の子が授業を真面目に受けてて、さぼっている奴を見つけると「みんな真面目に授業受けてるんだからお前もちゃんとしろよ」って怒るのと似ている。
 これって実は論理のすり替えで、本当にその授業が為になって素晴らしいと思うのならば、さぼっている奴に怒るはずがない。
 「こんな良い授業を聞かないなんてもったいないなあ・・・」ってなるはず。もしくは「この授業面白いからちゃんと聞いてみなよ」くらい。
 じゃあなんで授業真面目に受けない奴に腹が立つかと言ったら「自分はこんなつまらない授業無理して受けているのに、受けないあいつはずるい」ってこと。
 これって結局自分だって受けなくていいならこんな授業受けないって思っているんだよなあ・・・本当に勉学が楽しいのなら他の連中がどうなろうが知ったこっちゃない。

 ルールを鵜呑みにしたり、絵画の教員の言うことを素直に聞いて「はいはい授業の課題はちゃんと制作致します」なんて言ってる草食系美大生なんて、逆にたかが知れているような気もする。
 それよか絵画の先生の絵を「ヘタクソ」とか暴言はいたり「こんなつまらねえ課題やってられるかよ!」ってつっぱねる奴の方がもしかしたら凄いもの見せてくれるような気もする。

 だから絵画の教員って優等生タイプ。おそらく教室で目立っていたり、ヤンチャしている学生じゃなかっただろうな。大人しく絵を描いて自分の世界に浸り続けていたのだろう。

『進化の存在証明』付録 歴史否定論者

 今日は久しぶりにdescf氏と会って映画についていろいろ話しました。やっぱり中身の濃い議論は直接会って話すに限ります。特に氏の『アイアンマン』と『バットマン』の分析は面白かった。

 その時にたまたま私が「アメリカでは進化論を信じていない人が40%いるんだよ」と言ったらdescf氏は「そんなことねえだろ~?」と全否定。
 この情報のソースはリチャード・ドーキンス『進化の存在証明』の付録(589ページ~)で・・・

人類の起源について、以下の発言のうち、どれがあなたの考え方に最も近いでしょうか?

1 人類は何百万年のあいだに原始的な生物から発展してきた。しかし、この過程は神によって導かれた・・・36%

2 人類は何百万年のあいだに原始的な生物から発展してきた。しかし、この過程に神は関わらなかった・・・14%

3 神は人類を、現在と非常によく似た姿で、ここ一万年ばかりのうちに一遍で創造した・・・44%


 この調査は2008年というごく最近のもので、1982年からあまり結果は変わっていないそうです。
 ドーキンスは地球の歴史が46億年であることを考えれば、3は北米大陸の幅が10メートルしかないと信じているのに等しい、と案の定おちょくりますが、確かにこの結果は驚くべきものがあります。

 ああ、これは自分たち崇高な霊長類「人類」の進化について聞いているから悪いのか、生物一般の進化についての質問にすればいいのか・・・と思ってギャラップ社は質問を変えたところ、それでも44%が42%になっただけで、やっぱり今の生き物の形は変わっていないと思っている人が多いようです。

 で、なんでこれほどまでに進化についての認識が低いのかと考えると、話がグローバルすぎてついていけないんじゃないですかね?知ってても虚しくなるだけだし、自分たちがただのサルって知っても不愉快になるだけなんでしょう。
 なら事実と多少矛盾しても、非合理的な、でも生きる勇気が湧いてくる物語を勝手に組んでしまったほうがいい、と。それが宗教なんであろうと。理屈じゃねえんだ。

 政治やマクロ経済の話もそうですよね。結局国政のことなんて複雑すぎて、地球環境や生物史と同じくらいどういうメカニズムでふるまっているか分からない。政治に関心があるって言ったって政治を本当に理解している人なんて一人もいないんじゃないか?
 最近思うのは国会議員が優遇されているのを「国民は苦しい生活しているのに許せない!」って言う批判。あれ国民のストレスのはけ口としてはあってもいいのかもしれない。
 国会議員もめっちゃ生活切り詰めっちゃったら、国民は誰を叩けばいいんだ?と・・・それに国会議員になる人もへっちゃったら笑えるなあ。

クロノサウルスについて

krono.jpg

 恐竜のブログランキングに登録しているから恐竜についての記事を描きたいのですが、最近は恐竜時代に生きていた海生爬虫類「首長竜」を描くのにハマってます。
 クロノサウルスは「海のティラノサウルス」とも言われる巨大な肉食動物で、頭の大きさはティラノサウルスの二倍以上もあります。顎の力も強く海で彼らにかなう動物はほとんどいなかったでしょう。
 ただ現在最大の歯クジラであるマッコウクジラはたまにシャチの群れにからまれて襲われるらしいから、クロノサウルスもたまにやられることもあったかもしれません。

 私はこのクロノサウルスは今のマッコウクジラ的ポジションで基本的にイカやタコを食べていたと思っています。時々他の大きな動物も襲ったようですが(マッコウクジラがダイオウイカとバトルするように)基本的に小さいものを食べていたと思う。

 イギリスのテレビ番組で今年日本にもショーが上陸する「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー」では、クロノサウルスの仲間リオプレウロドンが全長25メートルになっていて、肉食恐竜エウストレプトスポンディルスかなんかを襲って食べていましたが、あれをみて「あれ?リオプレウロドンってそんな大きかったっけ?新種?」と違和感を感じた記憶があります。
 調べてみるとやはりあれは誇張であり、この仲間はでかいと言っても大きく見積もっても12メートルかそれ以下みたいですね。だから今のマッコウクジラの方が大きさでは勝ります。
 
 クロノサウルスの一族はジュラ紀後期から白亜紀前期に栄え、白亜紀後期ではモササウルスの一派にその海のギャング的地位を譲ってしまいます。
 この白亜紀後期におけるクロノサウルスや魚竜の衰退(魚竜は衰退どころか滅んだ)は一説には主食であったイカの絶滅が関係していると言われていますが、よく分かりません。
 そういえば首長竜は温血動物だったという論文が最近発表され、じゃあ白亜紀末の寒冷化による水温の変化で滅んだわけではない?とかいわれてますが、いくら温血動物でも大きく水温が変わるとやっぱり駄目なんじゃないのか?

 次はちゃんと恐竜について記事を描こう。今スケリドサウルス描きたい欲求がすごいんですよ。この恐竜って地味だけど、よく見るとめちゃくちゃカッコいい!尻尾とか。けっこう保存状態がいい全身骨格も見つかっているし、暇なときにチャレンジ。

『美術のちから 教育のかたち 〈表現〉と〈自己形成〉の哲学』

 著者は東京藝術大学名誉教授上野浩道さん。

 なぜ教育に美術が必要なのか?

 本書の帯にも書いてある、この疑問は大学時代ずっとずっと私を悩ませ続けてきました。

 別になくていいんじゃね?

 この私の主張を受けた大学の先生たちの反応は本当に人それぞれだった。温厚な先生もちょっとムカっとした顔をしたし(当たり前)、破天荒な先生はそのラディカルな姿勢を評価してくれた。また「キミと会話するのは面倒くさい」と逃げる先生もいたし「学生の分際で黙ってろ」というしょうもない奴もいた。
 私は前提を疑うタイプで、エスタブリッシュメントはそのスタンスがないから時に危険だと思っています。

 私が在学中、「学校教育における美術の授業時数削減反対に署名を!」という運動がありました。でもなぜ自分は反対に署名するのか?その理由がなければ賛成も反対も変わらない。
 詩人でもあるイギリスの芸術評論家「ハーバート・リード」は美術の技術的な教育「エッセンシャリズム」ではなく、美術に“よって”人格を陶冶する教育「コンテクスチャリズム」をとんでもなく分厚い本『芸術による教育』などで論じましたが、この本はとても難解だと言われていて(分かってみるとこの本は特に難しくはない)一部の論を拡大解釈する人もいた。

 上野さんはH・リードのファンなのか本書でリードのテーゼを分かり易くまとめている。リードの他、久松真一の芸道思想といった禅的な思想や、オカルトにハマったユングなど、ちょっと神秘的な思想も好きなのか引用してくるけど、基本的にこの本は最初から最後までリードの芸術教育論の考察をしている。
 私は論文でがっつりリードの芸術教育論を取り上げてしまった(しまったってなんだ)ので、そういう意味ではこの本を先に読んどけばリードのテーゼも理解しやすかったとは思う・・・ちょっと出会いが遅かった。この本初版2007年だしな。

 ただ上野さんは文章がとっても解り易く、まあ場所によってはもう少し掘り下げて詳しく説明して欲しいなあというところもあるけど、基本的に読みやすい。
 特に「第3章 社会に生きる」の近代教育史のまとめ方はうまい。カント、ルソー、ペスタロッチ、ホッブス、ロック、コンドルセ、デュルケムにハーバーマス・・・名だたる学者たちによる公教育形成の歴史をたった20ページでまとめ上げるのはまさに神業。

 私は「芸術に答えなんてないんだよ」という主張が嫌い。そんな事言っちゃうと芸術どころかこの世のすべてに答えなんかあるはずないし「答えがないからこそ答えを探求したり創作していくんじゃないんか」って思っていて、大学ではいろいろ先生と喧嘩ばかりしていました。
 芸術に答えはないって、それは作り手ではなく受け手、消費者の立場の考えの様な気もするし(受け取り方は人それぞれだから)、自分が表現したい答えがないのにものを作るってのは信じられない。プロの作家でそういうスタンスの人っていないんじゃないかな?って思うのですが。

 美術の先生って理論じゃなくて感覚的に物事を捉えるよくない傾向があって、だから宮崎駿さんとか口が悪いんだけど、大切なのは理論と感覚のバランス。
 「それが教育における自然な統合の形式であり、その統合に芸術教育が大きく関係している」だって言ったのがH・リードでその説自体は納得です。
 しかし問題なのは、その「自然な統合」というものが、どこまで先天的・・・教育(=他者の干渉)なしで発達するのか?
 またどこまでが「発達の最近接領域(教育者がちょっと背中を押してやると達成できる発達的課題のこと)」で発達するのか?
 そして道徳やモラル、ルールの遵守はある程度の社会的強制、圧力が必要なのか?・・・という「子どもと社会(他者)との相互作用のモデル」がリードはちょっと曖昧で「自然」という単語を免罪符にして逃げちゃった?点です。

 リードの論では「子供なんてある程度放っておいた方が、逆に成長すべき美しい形に人格を勝手に形成していくよ」って感じに取れてしまいますが、私はそれはちょっと楽天的すぎる気がしています。ただリードは当時(第二次世界大戦中)の全体主義の反動で、あえて自由や個人の重要性を過度に強調している可能性は大いにあります。
 これまでの教育は、子どもを社会に無理やり合わせるようにしていたが、これからは子どもたちの自然な成長に教育の方がケースバイケースで合わせるべきだというのがリードのスタンスです。子どもといっても色々な気質の子どもがいますからね。

 だから私はリードの主張は「自然」という言葉を都合のいいように使っているな、とは思いますが(つまり「子ども(主体)」と「社会をはじめとする外部環境(客体)」という二項対立的な概念に基づいた上で「外部環境」との相互作用を極力取り除いたら“自然に”子どもが美しい統合の形式に向かう。というのが考えられない。人間は社会的動物で「社会との相互作用こそが“自然”」なのだから)、だからといって全体主義的な厳しい社会的ルールを子どもに強制すべきだとは思っていません。
 日本は法治国家ですから、社会的ルールは大切ですが、それより大切なのは「道徳」だと思う。つまりいいか悪いかを「そういう決まりだから」っていうんじゃなくて、自分の頭で考えられる力。
 本来社会的ルールも道徳に基づいて決まっているんだろうけど、若干ずれはありますからね。ルールに抵触せずに悪いことしている人、特権階級の人に多いですから・・・

 そして言うまでもないことですが、道徳やモラルは他者から強制的に押し付けられるものではない。「こういう風にしたら人は喜ぶんだな」と自発的に親切にしたりする気持ちを、テストの点以上に親や先生が尊重して伸ばしてやることが、教育の上ではまずもって大切なのではないかと思います。
 そうすれば「人に優しくしなければパパはお前をぶっ飛ばす」と強制せずとも、人に親切にすれば褒められたり相手に喜ばれるんだから、人を好んで傷つけるような子にはならないと思うのですが・・・
 人間って他人が幸せになると自分も嬉しくなる動物ですからね。逆に他人が哀しいと自分も哀しくなるんだけど・・・

ディパーテッド

 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆」

 ラストシーンは笑撃的。

 この映画は香港映画「インファナル・アフェア」のハリウッド版リメイクで、KO氏いわく「オリジナルの方が面白いよ」ってことらしいのですが、なぜかTBSのゴールデンでこちらがやっていたので惰性で見てしまいました。多分ディカプリオ主演の新しい映画が公開されるからだな。

 マフィアに警察が潜入。警察にマフィアが潜入。という設定はなんとも漫画的でアンジャッシュのコントの様。
 この設定は三谷幸喜さんも考えそうだな。でも三谷さんだったらこの「なり済ましもの設定」で爆笑コメディ映画を撮るだろうな。
 というかそれが俳優がマフィアのフリをする『ザ・マジックアワー』だったのかもしれないが・・・

 で、この「嘘っぽい設定」がなかなかパワーがあってグイグイ物語に引き込んでしまう。どこで互いに互いのネズミを知ってしまうんだろう?って感じでハラハラ。
 主人公「コスティガン」の上司「クイーナン警部」がマフィアに殺されてしまうシーンまではかなりハードなサスペンス映画って感じで、かっこよかった。

 でもアイリッシュマフィア(だから『マスターキートン』みたいな曲がかかってたのね)の大ボス「コステロ」の恐ろしさがもうひとつで、特にクライマックス?のあっけないマフィアの全滅はちょっとがっかり・・・もっとぞっとするマフィアの恐ろしさを感じさせてほしかったなあ・・・
 『BROTHER』ではアメリカのマフィアにケンカ売った日本のやくざはまったく歯が立たなかったし・・・

 そしてラストシーンの撃ち合いはまるでビートたけしさんのコントのようで大爆笑。えええ!?結局この映画も『アウトレイジ』のようなお笑い映画だったのかよ!!!ってびっくり。まあ笑えれば私はなんでもいいんだけど・・・

ラストのオチ(ネタばれ)

Aを撃ち殺すB「フッフッフ・・・Aよ貴様は知り過ぎた・・・」
そのBを撃ち殺すC「フッフッフ・・・Bよ貴様は知り過ぎた・・・」
そのCを撃ち殺すD「フッフッフ・・・Cよ貴様は知り過ぎた・・・」

こんな秀逸な笑いの三段論法見せられて笑うなって言うのが無理ですよ!

 最後の最後で口の悪いティグナム巡査部長が、マフィアに殺されたクイーナン警部の無念を晴らしてくれたのは面白かった。
 「ウンコしている最中もマフィアから気をそらすな」とか言ってた情熱は本物だったなあ。
Calendar
<< December 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277