恐竜マニアのイメージ

 「熱中スタジアム」みました。オリエンタルラジオのあっちゃんがMCなんですね、でもこの人よりもゲストの「ほっしゃん。」さんのほうがずっとマニアっぽかったのは何で・・・?
 さすが自宅で猛禽を飼っているだけあって恐竜も詳しいのか??

 いや~つまらなくはなかったですが、番組の構成が想像と違った。やっぱりそう考えると「アメトーク」の「俺たちのプロレスオールスター戦」などは巧いです。
 もちろんあっちは出演者が芸人と言うプロの方たちなんで、一般人の恐竜マニアを連れてきている「熱中スタジアム」に「恐竜あるある~!(声:蛍原さん)」ってフリートークを要求するのは難しいんでしょうねw。
 しかし「素人にも10分でよく分かる恐竜の解説!」とか「マニアが考える最強恐竜ランキング!」とかではなく、恐竜が好きなあまり模型を作ったり、骨格やグッズを収集している人たちのVTRばかりだったので、もうちょっと恐竜に疎い人が見て「恐竜って楽しそう!」って思える番組が良かったな。私はアメトークで「プロレス面白そう」って思ったし。

 で、私はこの番組で生まれて初めて「同志」の生きて動いている映像を見たのですが(大袈裟だって!)、想像以上に皆さん社交的。
 秋葉原のオタクと言うよりは、どっちかというともっと子供っぽくて、強いて言うなら「釣り道楽」などに似ている感じがしました(純粋でエロさがないから。いやスピノサウルスのフィギュアで性的興奮覚える奴もいるかもしれないけど。私だ)。
 もとがサブカルではなく自然科学の分野なので「美少女萌え~!にゃんにゃん!(勝手なイメージです)」と熱狂するのではなく、どこかメタ的に恐竜を客観視しているんですよね。
 で、それが恐竜マニアの「愛」なんです。恐竜は大繁栄はしましたが、最終的に悲劇的な結末を迎えているので、ちょっとペーソスがあるんです。
 恐竜を考えると、地球や宇宙の歴史にも目が行くし、視野はとても広くなります。そして「やっぱり人類もいつか滅ぶな」と言いようのない虚しさを感じる・・・それが恐竜マニア!

 あと知る人ぞ知る恐竜模型の原型師の「荒木一成さん」が登場!もともと鍼灸師だって初めて知りました!この人の模型で、昔ゾウのような長い鼻がついたディプロドクスの復元模型(当時そういう復元の説があった)があったんですけど、あれを見た幼稚園の私は「こんなのディプロじゃない!」と絶叫した覚えがあります。
 でも荒木さん自身はとっても穏やかですごく優しそう!この人となら何時間でも話せるなあ。

 最後にカナダに留学してあの「フィリップ・カリー博士」に弟子入りした学生の方が出演したのですが、なんて羨ましい!あの人こそ恐竜マニアの王道を突き進んでいますね!これからたくさんの新種を紹介してください!

 追記:ちなみに私の選ぶ最強恐竜は「巨大竜脚類(スーパーサウルスなど)」に一票。やっぱりなんだかんだ言って、でかいやつは強いと思う。

美少女だけが漫画じゃない

 大体最近はちょっと多すぎますよ。女の子ばっかりの漫画やアニメ。まあコンスタントに稼げるからやっているのでしょうが、たまには『カールじいさんの空飛ぶ家』みたいな冒険をやってみればいいのに・・・
 まあそんな爺さん、ほとんどの書き手も楽しくないんでしょうね。描いてて。そんな事言うなら私だって男だろうが女だろうが人なんて描いてて楽しくないですよ。ただのサルじゃないですか。描いてて楽しい恐竜だけ描いてたって、読み手を楽しませる漫画は描けないから、頑張っているのになあ。

 で、なぜこんな事ぼやいているかと言うと、なんかTさんが持ち込みで編集者に「もっと女の子を可愛く、そしてお色気を」とかダメだしされたようですが、そんな奴蹴とばしとけばいいんですよw。こっちはそういう路線の漫画を書いているわけじゃないんだし。全ての漫画がそうなったらとてもつまらないです。つ~か私はTさんの描く女の子可愛いと思うし。
 K氏情報によれば、この編集者の雑誌は路線変更の為、連載作品が“全て”所謂萌え系になってしまったらしく、K氏のように読者の方も辟易としてる人多いんじゃないでしょうか?
 まあ萌え雑誌を自負しているならば、当然少年漫画の編集者とは違った目線で意見を言ってくるだろうし、見せる相手を間違ったってことです。うん。

 だから作品を全否定されたとか取らない方がいいです。K氏によれば『ワンピース』の作者さんは一切編集者の意見に耳を貸さないそうです。
 人の意見よりも自分が面白いと信じる者を描く!最終的には作家ってそれしかできないんだと思います。自分が楽しいと思って描いてないものを他人に見せてもほとんどつまらないものだろうし。
 私も雑誌のカラーを意識しすぎたためになんだか訳わからなくなっちゃったのが『クオリア』でしたしw。まあ・・・あれはあれで満足。見せた中学生いわく「え?この漫画?普通に上手いよ?」wありがとう~・・・!
 で、結局今は自分の描きたいものを描いています。それが周りの人を楽しませる上で一番いいんだと気付きました。それでプロになれなくてももはや別にいいよ。身近な人に面白いって言ってもらえれば。
 『80日間~』なんて確実に萌え漫画に反するものだろうし。いいじゃん、美少女なんて描けなくても。

 結局のところ大切なのは「自分が“何を”面白いと思うか?」の認識だと思う。他の作品を見て「ああ、面白かったw」で終わり(Q.E.D)にするのではなく「じゃあ自分は何でこれを面白いと感じたのか?」もしくは「なんで納得いかなかったのか?」を整理して、自分の作品に取り入れればいいんじゃないか、と。
 つまりシラー風に言うならば「他人の作品で自分を知ること」が自分が面白いと思えるものを作る上で重要なんだと思います。

匿名でつぶやく若者

 NHKってたまにすっごい若者に媚びた番組やりますよね。今やっている草食系の若者を取り上げた討論番組で気持ち悪いのが、番組の大人の討論に対してスタジオの若者が携帯を使って、意見をつぶやくシステム。スタジオにいるなら直接言えよ・・・。相手は暴力団や秘密警察じゃないんですから。
 同じ若者ながら、上の世代に「今の若者は皆リスク回避のことしか考えていない」って馬鹿にされるのは嫌だな。こういう奴に限ってリスクを考えない若者に意見を言われると、取り乱して辻褄のあわないことを言うんですよ。
 絶対に反論されない状況で「今の若い奴は自分の意見が言えない」と若者を見下す大人は、匿名じゃないと意見が言えない若者と何も変わらないって。

 「朝まで生テレビ」でもスタジオになぜか大学生かなんか呼びますけど、生放送中、田原総一郎さんの頭ひっぱたきに行く奴とかいなんですかね?あの番組長い歴史もあるし、そういう人いたかもしれませんが・・・

 あと私は「ツイッター」って全然よく分からないんですが、あれ政治家もはまっているのが、異様。いい歳した中年の人がテレビゲームやっている感じで凄い光景ですよね。
 なんか政治家にとって利点があるから原口総務大臣とかもやっているんでしょうけど、何がメリットなのかな?有権者との場所を超えた交流?確かに楽しそうだけど。

 そういえばNHK「熱中スタジアム」で恐竜マニアを取り上げるらしいのですが、どうしようかな・・・見ようか迷っていますw。
 傍から見ればこの人達(お前もだろ!!)も異様ですからね・・・しかも恐竜ってちびっ子の人気は絶大ですが、K氏のようにほとんどの人は卒業してしまいますし。
 それを卒業しないで、しがみついている恐竜マニア・・・。これはガンダムや美少女オタクなどのサブカルオタクよりもずっとハードなオタクだし(少なからず学術的なので間口が狭い??)絶対数は確実に少ないですよ。私ですら恐竜オタクの同志に会ったことありませんから。
 だから人口が少ない分オタク魂の精鋭が残っているわけで、非常に気持ち悪い番組になる気が・・・いきなり「恐竜って指の骨の数(関節の数)が外側に行くにつれて増えていくって知ってますか?」とかぬかしたらスタジオどん引きでしょうね。

不思議の国のアリス

 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」

 K氏と会話するといろいろ漫画について考えてしまいます。そう言えば、この前「私は漫画はあまり読まない」とYukiko Tさんにコメントしたのですが、でも漫画と言う表現媒体は好きなんですよね。読まないからって嫌いではないし・・・なんて言えばいいのでしょうか?
 またまた『レミーのおいしいレストラン』のアントン・イーゴーの引用で申し訳ないのですが、「漫画が好きなのではない。愛しているのだ。」が心情的に近いと思います。
 愛と言うのは盲目だし、時にアンビバレントな感情だと思うので・・・

 私は映画でもアニメでも漫画でも「数は見ない」んです。しかし「これはすげえ!」っていう映画はセリフを丸暗記できるくらい何回も見ます。
 たとえば『ジュラシックパーク』や『ダンボ』『ルパン三世 カリオストロの城』などは確実に100回以上は見ており、『ダンボ』に至っては高校の頃ついにビデオが擦り切れ戦死しましたw。

 今日は『ダンボ』には及ばないが、これも数え切れないほど見たであろう1951年の『不思議の国のアリス』アニメ映画版を見たのですが、いや~すごい!うまい!笑える!面白い!なによりいかれてる!!
 原作のカオスさをアニメならではのスラップスティックな動きで表現しており、表現媒体の違いを上手くふまえていると思います。お茶会のシーンとか、もう、神ですよ。あんな馬鹿な帽子屋いませんってw。
 上手いのはアリスが激怒した女王たちに追いかけられるラストシーン。ここで今まで登場したキャラを再登場させ、なんと劇中歌のちょっとしたインストメドレーが展開されます。これは舞台ならばカーテンコールのような、本当に楽しいサービスでした。

 やっぱり歳を取ったから「アリス」を楽しめなくなったわけではないな、とつくづく思いました。『アリス・イン・ワンダーランド』も良くできた映画だとは思いますが、やっぱりあの映画の暗い雰囲気よりも、アニメ映画版のはっちゃけた感じの方がいいです。
 それにアニメ映画版でも、無口でへんてこな鳥だらけの「タルジキ森」のシーンはかなり不気味で怖く、やはり『ダンボ』と同じく夢と希望のあるディズニーアニメの中にも、当時の戦争の暗さが影を落としているように思いました。
 あそこだけ突出して怖いんです。アニメ版は。だからチェシャ猫が女王の庭への近道の扉を開けてくれたときには心底ほっとしましたよ。

お疲れ様でした!

 T君のペン入れが完了したそうです。あとはトーンを少し貼ってついに完成ですね。ご苦労様でした。

 一方「まずは仕上げることだ」と偉そうなことほざいていた私は、最近「アリス」の脚本とか違うことやってて大して漫画が進まず、今日K氏に激励されてしまいましたw。
 K氏はあまりコメントなどの足跡を残さないので、サイトに来てないと思ってた(笑)。そうしたら、かなりこまめに尋ねてきてくれて『80日間~』の続きが描かれているか、確認していたそうです。これは申し訳ない。
 『80日~』もいよいよ佳境!ここからロードムービーモード突入で物語は一気に転げ落ちますよ!ただだからこそ絵にもこだわりたいので、もうちょっと待ってね。十年以上喜劇を書いてきた私ですが、今回は感動させたいんですよ。

 追記:あ、そうそう、K氏『80日宇宙一周』53ページの「プ~クスクス」に気付いてくれてありがとうw。そう、あれは『ドラえもん』の引用ですw。描いた私もあのコマには笑っちゃいます。ライトとミグって噛みあってるんだか無いんだか、イマイチ分らないですよねw。
Calendar
<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272