アイスエイジ3 ティラノのおとしもの

「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」

 日本のアニメよりもアメリカのカートゥーンをこよなく愛する?私としては、輪郭線が力強く、どこか狂っているんだけど勢いで見せてしまう、この手の画風のアニメは大好きです。
 そもそもディズニーアニメだって今でこそCGへ傾倒してはいますが、かつての手描きアニメの初期作品(『不思議の国のアリス』など)ではカートゥーン調ですからね。こういう絵って描きたいんだけど、描けない・・・!
 あのパースがあえて狂ってる感じは難しいです。描けるdescf氏はすごい。

 で、この『アイスエイジ』は氷河期を舞台にしたカートゥーン映画。これまでに3作制作されています。
 1作目では、へそ曲がりだけど根は優しいマンモス「マニ―」の心理描写をメインに、親とはぐれた人間の子どもを家族に届けに行く内容で、ピクサーよりもずっとコメディタッチではあるものの、『モンスターズ・インク』のように、しっかり泣かせてくれる映画でした。
 このシリーズではマニ―の他に、お調子者のトリックスター、ノスロテリウムの「シド」、そして渋くてクールに決めているけど意外に情が熱い、サーベルタイガーの「ディエゴ」の2人?がレギュラーキャラとなっています。
 特に1作目でのディエゴは、当初は仲間を毛皮にした人間への復讐に燃え、赤ちゃんの村を群で襲撃するのですが、マニ―らと赤ちゃんの世話をするうちに情が芽生えてくるなど、深みのあるキャラクターでした。

 2作目『アイスエイジ2 メルトダウン』では、氷河期が終わり地球が温暖化する話。
 1作目のラストでシドが言った通りの展開になったわけですが、優れたロードムービーの前作と比べて、全体的な物語の構造としてはかなりちぐはぐ。
 前作でどのキャラクターも人生の課題を少なからず乗り越えてしまった(シドだけは乗り越えてないやw)ので、キャラクターを成長させる余地がもう残っていなかったからかもしれませんが、二作目での新しい課題(マニ―:他のマンモスの仲間が欲しい。シド:みんなに尊敬されたい。ディエゴ:水が苦手)がちょっととってつけたような感じで、温暖化による大洪水からの逃避行と言う大筋がボケてしまったのは惜しい。
 強いて言うなら大洪水のディザスタームービーと一番絡むのは、ディエゴの「水に対する恐怖の克服」でしょうけど、そもそもディエゴって一作目の川のシーンでは大して水を怖がっている様子はなかったし・・・(汗
 とはいえ、高田純次さん演じる怪しげな気象学者や、オリバー・ツイストのパロディシーン(『food glorious food』)はツボにハマりDVDどころかサウンドトラックも買いました。ちなみにアイスエイジ2のメインテーマ(『THE WATERPARK』)はやたらテレビ番組で使われているので、聞いたことのある人も多いかと思います。

 そして3作目。今回は2作目よりもずっとおもしろい!なぜならば、もうキャラクターの成長とか深い演出はやめて(2作目でもう無理だと知ったから)徹底的にアクションアニメ映画にシフトチェンジしたからです。この潔さや良し!
 この映画、もう設定からしてめちゃくちゃでw、氷河期の地球の地下には恐竜がまだ住んでいる地下世界があって(ネコ型ロボットと少年たちの仕業か!?)、ひょんなことからその地下の恐竜の卵をシドが地上に持ってきてしまうところから物語は始まります。
 シドは「マニーは立派に家庭を築きとうとう父親になるのに、一方のオレ(2作目以降はシドの一人称はなぜかオイラになった)は・・・」とさみしさを感じていて、マニー一家のマネをして地下から持ってきた卵を育てるわけです。「オイラも立派な親になる」と。この心情はけっこう可愛い。
 そして卵から無事孵ったのはパワフルな肉食恐竜!2作目の「キャンプ・デル・シド」でシドを散々いじめた小憎たらしい絶滅哺乳類の悪ガキどもが、ティラノキッズに振り回される快感ったらないw。これはぜひ2作目から見てください。

 でもやはり「シド現る所乱あり」。地下世界から我が子を探しにティラノサウルスの母親が登場。なんと(シドごと)子どもを地下世界に連れて行ってしまいます。
 ティラノサウルスの後を追いシド救出に向かう一行。そこで出会うのが独眼のイタチの冒険家「バック」。この新キャラクターがもうこの映画の全てと言ってもいいくらい大活躍。
 「オレはここ(地下世界)に残る!お前らは振り返らずに行け!」的なラストはお決まりだけど、やっぱりかっこいいw(畜生)。
 地下世界の冒険では『ジュラシックパーク』ネタのオンパレード。おそらく1作目から氷づけの恐竜を出していたりした(2作目では中生代の海生爬虫類?が登場)ので、アイスエイジシリーズにおいて生きた恐竜は満を持しての登場だったのでしょうか。
 プテラノドン・ロンギケプスの『スターウォーズ ファントムメナス』ばりの空中戦や、バックの宿敵の巨大肉食竜「ルーディ」VSティラノママなど見どころ満載。

 ただドングリを執拗に追うマイペースなリス「スクラット」はもうネタ切れかな・・・?彼は2作目でモーゼばりに世界を救っちゃたので・・・
 今回は好物のドングリと恋の間で揺れるのですが・・・スクラットのシーンのカットインで、メインのシナリオの勢いが分断されちゃうこともあるから、一長一短かも。
 面白いんだけどね。

 おまけ
「アイスエイジ 面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」
「アイスエイジ2 面白い度☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」

酷評は作家として自分の首を絞めるぞ

 まいった。一日中描いている割にあまり漫画が進まないぞ。

 ただの下書きなのに、もしペン入れやるとしたら予めなぞる線を決めといた方が全然楽なことを知っているから、すっごい丁寧になっちゃう。これは悪く言えば思い切りが無く、経済的ではない。おっそい。
 そして今のシーンはメカやらEVA服やら細かいものが多くて・・・大体私はこの手のSFアニメろくに見ていないから、メカのデザインを考えるのも一苦労。
 Googleで「宇宙船」とか検索してヒットした画像で使えそうなものをパクリだと思われないように「ハイブリット」してます。EVA服はNASAから頂きました。またJAXAの宇宙旅行の本も役に立ちました。

 つまり得意なもの、描き慣れたものしか出ない漫画を描いていればいいものを、脚本を練る段階ではそれに絵を入れる大変さなんて考えてないから、「おっ宇宙。いいんじゃね~ん?」と面白ければ興味本位で取り上げてしまうのが運のつき。
 つまりやりたいこと(理想)と、今の自分が描けるもの(現実)が若干ずれている。で「若干なら・・・まあ、なんとか描けるだろ」って感じで楽観視して挑戦するから時間がかかっちゃう。
 これってまさに美術教育における「思春期の危機」そのもの。

 思春期の子どもは、自意識が高くなりすぎて精神が不安定になり、アイデンティティが拡散する・・・つまり理想と現実のギャップに苦しむという「思春期の危機」は、もともとエルンスト・クレッチマーが考えたのですが、美術教育で言うならば思春期の危機と言ったら「ヴィクター・ローウェンフェルド」ではないでしょうか?
 ローウェンフェルドいわく(自他問わず)絵に対する批判意識の高まりが、思春期の子どもの絵を描くことに対する苦手意識を産み、絵画離れを促すということで、つまり自分が描きたいものという「理想」と、自分の画力の「現実」のギャップに苦しみ、かといって自分の理想通りの絵が描けるように訓練や努力をするのは御免なので、絵を描くことそのものを放棄してしまうと言うことです。

 「こいつの絵は下手だ、ここのパースが狂っている」などと批判意識は結構ですが、そんなことやってばっかりでは、自分が絵に要求するレベルが高くなるだけで、自分の画力と大きく乖離してしまうのは必至。自らの首を絞めているようなもの。
 よって常に自分の現在の画力と向き合って、徐々に要求を上げていくべきだと思います。それができないから、ほとんどの人は絵を描くことから「逃げ」てしまう。

 この苦手意識の形成のプロセスは、なにも美術に限った事ではないでしょう。数学、運動、恋愛・・・自分の現実とは無関係に増大する自意識が、結局全てを放棄させてしまう。場合によってはイラつき、ぐれてしまう。
 そんな自分なんて大した人間じゃないよ、と自分をもっと冷静に見られれば楽になるのになあ・・・それは一見逃げであるようで逃げではないと思います。
 大した人間じゃないなら努力すればいいわけで・・・なんか体育会系のK氏がいいそうなセリフだけど。

 かつて偉そうに生徒の作品を酷評する口の悪い絵画の教員の話をした時(愚痴ったw)、養護学校の教員のKO氏はこのように冷静に分析しました。「そいつこそ絵を描くことに憶病になっているのではないか?」と。
 「人の絵を馬鹿にすると言う事は、自分が作品を発表する時に、よほどの物を作らないと酷評される可能性がある。だから露骨に画力が解る写実的な絵画ではなく、抽象芸術、コンテンポラリーアートに逃げているのではないか?なんだかんだ言って生徒に言った言葉が自分に跳ね返ってきているんじゃないか?」
 確かに優れたプロは素人に寛容だもんなあ・・・というか素人にうだうだ文句言うことに興味がない。自分(とその作品)にしか興味ないからw。

 批判や文句なら誰でもできる。素人だってできる。やはり三流品でもモノを作っている人の方が、批判だけの人よりもすごいのかもしれない。
 そう思わないと、何も作らず文句だけ言ってる人が最強になってしまう。実際最強なのかな?だからそういう人は結構増えた。私も含めて。

映画の評価について

 descf氏にならって映画の評価基準を設けました。

 「“好き”は“面白さ”を補う?」の記事でも述べたように、「好き」と「面白い」って結構違った感情だと思うので別々に評価。星を使った五段階評価となります。

面白い度・・・その映画の面白さ。主に物語を客観的?に評価します。

☆5:最高!!この映画はこれ以上面白くしようがない。崇拝の対象。
☆4:超面白い!作り手として白旗です。降参!
☆3:かなり面白い!これくらいの話が私も書けたらいいなあ・・・
☆2:普通に面白い。私も頑張れば書けそう。
☆1:イマイチ。これくらいは書ける。
×:書きたいとも思わない。

好き度・・・その映画の好感度。主に世界観やキャラクターなどを主観的に評価します。

☆5:最高に好き!!愛してる!DVD購入決定!(もしくはもう持ってる)
☆4:超好き!これ作った人とは話が合うかも?
☆3:かなり好き!気になる存在。
☆2:まあまあ。普通。
☆1:あまり好きじゃない。もう見ないと思う。
×:嫌い。見るんじゃなかった。

 上記の通り☆1個以外は高評価。映画の観方が人それぞれなのは前提なので「貴方の観方を押し付けないでください」とか言う人は、大人な対応(=記事の内容を無視)をしてね。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆」

 ひろしの話。

 ――映画のドラえもんになると一際輝くのがタケシ・ゴウダなら、クレヨンしんちゃんではそれはヒロシ・ノハラだ。

 とワシントン・タイムズの記事に書かれそうなほど、このパターンはお約束で、しんちゃんが主役としてしっかり暴れてくれる『ヘンダーランドの大冒険』が「しんちゃん映画」のフェイバリットな私としては、しんちゃんが大人しい映画版は複雑な思いがするのですが、この映画はまさにそれ。
 観客のほとんどはしんちゃんのお父さん「ひろし」に感情移入するはずでしょう。だってそういう風に作っているんだもん。物語の構造が。

 埼玉県に「20世紀博」という大阪万博のようなテーマパークが出来るんですけど、それが万博世代にノスタルジックな「あの頃はよかった」的感情を想起させ、しんちゃんの街にも空前のレトロブームが到来します。
 なにせ大人が自分が子どもだったころにしていた遊びや文化に没頭し、子どもに逆戻りしている始末で、あっけに取られているのが、しんちゃんを始めとする現役子ども世代。
 「マサオんち黙って置いてきちゃお」でお馴染みのしんちゃんの友だちマサオくんが「懐かしいって、そんなにいいことなのかな・・・?」と一言。
 そう、この映画のキーワードはまさにそれ。しんちゃん達子どもは「懐かしい」がない。五年しか生きてないから。彼らには「過去が無い」ので、大人たちの行動が奇行にしか映らないのです。これっていい歳してサブカルから卒業できない大人たちを暗に皮肉っていてけっこう小憎いw。
 
 そして子どもになった大人たちと現役子どものそれこそ「大人げない葛藤」が始まります。幼稚園の送迎バスのカーチェイスシーンは『ヘンダーランドの大冒険』のラストシーンで完成形を見た「背景動画」を駆使し圧巻。
 激走するバスに上がった、「ああ・・・今年の暮れには仮釈に・・・」でお馴染みの園長先生が看板に当たるシーンは『スピード』のパロディかな?・・・組長の首とれなくてよかった~。
 愛車を傷つけられて「トサカに来たぜ!」とつぶやく敵のボス(ケン)も強いんだか弱いんだか分らなくて結構良かったですw。

 結局大人たちの奇行の原因は、20世紀博をしかけた「イエスタディ・ワンスモア」という組織が電波塔から放射した「懐かしい香り」に洗脳されていたからということですが、これは過去を懐かしむ大人の急所を突いてくる用意周到な方法で、歴代クレしん映画の敵の組織としては異色。
 彼らは「現代人が失ったものを取り戻す」という独自の哲学の下行動しているわけで単純な悪ではない。しかし彼らは確実に間違っている。
 なぜならば“大人を演じること”を放棄し、それを懐かしむ過去すらない子どもの未来を奪っているから。
 しかし作中の子どもになった大人(及びこの映画を見ている大人の観客?)は、彼らの行動を絶対的な悪だと強く否定できない。それどころか「彼らの言い分もわかるじゃないか」くらいのことを言う。
 だから「イエスタディ・ワンスモア」はアニメの悪役史上最もたちが悪いんです。

 この映画の主人公ひろしは「懐かしい香り(=過去)」と「大切な家族(=未来)」の間でただ一人葛藤します。そしてひろしは「未来」を取ります。「家族の素晴らしさをあんたらにも教えてやりたいぜ・・・!」と。
 この映画はここが落とし所で、上手くはできているのですが、要約すれば「後に戻って、そこから進んで、またもとの位置に来た」話で、日常の尊さの再確認の映画(ラストのセリフが、しんちゃんの「おかえり、父ちゃん母ちゃん」に対しての、ひろしの「ただいま」だし)で、成長譚ではないような気がします。
 そう考えるとこれは子ども映画としては渋すぎるんじゃないか・・・?と思います。この映画はしんちゃん映画で『戦国大合戦』と双璧をなす最高傑作と言われていますが、私はちょっと・・・(苦笑)

 もっと言えば、私がノスタルジーブームで過去ばかり振りかえって「あの頃はよかった」って過去を美化する風潮が好きじゃないからなのかもしれません。
 これって「ジュラ紀は愚鈍な恐竜がいて火山がドッカーンで野蛮な時代だろ?」って現代の価値観で単純に決めつけちゃうのと一緒で、いわば過去に対する冒とくな気がします。
 「あの頃はよかった」の「あの頃」は「今思う過去のイメージの残像」であって「過去そのもの」ではない。高度成長期は今よりずっと不便で苦労はたくさんあった(公害もあった)し、人間の温かさが・・・ってそう数十年で人は変わらない。

 そもそもこの映画はそういった風潮を否定して物語は落ちているはずなのに、この映画によって逆に「プチ昭和ブーム」が来ましたからね。クライマックスのシーンで魚の乱獲を批判?した『ニモ』が、クマノミの乱獲を促したような感じですよ。
 マサオくんじゃないけど「そんなに過去っていいものなのか」って思っちゃいます。私は絶対嫌ですね。タイムマシンで高度成長期に送られるのは(笑)。

 私もいい歳なので過去(特にジュラ紀とか)はそこそこ好きですが、今が一番好き。そして未来がどうなるかとても楽しみです!

参議院選挙について

 塾で公民を教える際に、「生徒がかわいそうだなあ」と思うのが衆議院選挙と参議院選挙の選挙区などが若干違うこと。

 例えば衆議院選挙は「小選挙区比例代表並立制」で、小選挙区制と比例代表制を同時にやるのですが(確かドイツかなんかは小選挙区比例代表“併用”制で、ちょっとシステムが違う)、参議院選挙は「小選挙区比例代表並立制か?」と言われるとちょっと違うんです。
 それは「小選挙区制」は一つの選挙区で当選できるのがたった一人なのですが、参議院選挙では選挙区によって複数当選できる区があって、そう考えると参議院選挙は中選挙区制(~5人まで当選できる選挙区制)とも言えます。

 また参議院選挙と衆議院選挙は議席数が違うからか、選挙区や選挙ブロックの分け方がかなり異なっていて、参議院選挙の選挙区73議席は「都道府県」ごと(衆議院議員選挙では全国に300の小選挙区がある)。
 そして比例区48議席は全国統一!つまり衆議院選挙のように「地方11ブロック」ごとではなく、全国ランキングでトップから48位までを当選させるのです。
 私は塾で衆議院選挙を説明するときに、小選挙は個人戦、比例区はチーム(政党)戦と言うのですが(合ってんのか?)、参議院選挙の比例区は、獲得した政党得票数を合計し、その数字が多い順に政党の垣根なく当選させていく「ドント方式」を採用しています。

 これはヴィクトル・ドントって人が考えた当選方式で、私は大学一年生の政治学の授業で教わったのですが、たとえば政党が三つあってそれぞれ「政党A30000、B14000、C9000」と得票したら、まず一番得票数の多いAが一つ議席を獲得します。
 でここで議席を一つ獲得した政党Aは、総得票数を2で割られて「15000」となるのです。ここが大切。
 すると人気第2位(2番目の議席)を決める時には得票数は「A15000、B14000、C9000」となり、ここでもまだAが一番数字が多いので、二番目の議席も政党A獲得(Aつええ)。
 次に議席を二つ獲得した政党Aは総得票数30000を3で割った「10000」で勝負することになります。となると「A10000、B14000、C9000」となり、ここでやっと3番目の議席は政党Bが獲得。で政党Bは今度は7000になって・・・。
 4番目の議席は「A10000、B7000、C9000」なのでAが獲得し、政党Aは今度は得票数を4で割った数で勝負するから「A7500、B7000、C9000」でやっと政党Cが議席をひとつ取れて・・・(もうくどい??)
 つまり政党ごとに「得票数、得票数÷2、得票数÷3、得票数÷4・・・」と数を算出して、その数の大きい順に議席を取っていくのがドント方式です。

 最近「色々な分野の人の意見を聞くのが参議院の役割だい」という言い訳で著名なスポーツ選手を擁立する政党が多いですが、これは無党派層を取り込む魂胆が見え見えであざとい。
 でも何だかんだ言って、こういうあざといやり口に結構大衆は引っ掛かる。じゃなかったらパンチラで人気とりする漫画があんな多いはずはないw。
 ただ「いろんな分野の意見」というなら、普天間基地移設問題で窮地に立たされている今こそ民主党は、石破茂さん級のミリタリーオタクを連れてくるべきじゃないか??国会であの人を言い負かす程軍事に詳しい人はいないらしいですから・・・
 私はヤワラちゃんより日高義樹さん(テレビ東京で日曜やっているハードコアな軍事番組「ワシントンレポート」の人) を擁立するべきだと言いたいっ・・・!

 まとめ
衆議院選挙・・・選挙区は全国に小選挙区が300箇所。比例区は地方ブロックごと。
参議院選挙・・・選挙区は都道府県ごと。議席数は選挙区によって違う(1~5人)、比例区は全国統一。
Calendar
<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273