ドーキンスとグールドを和解させよう

 『進化の存在証明』第6章つながりで。ここからは私の勝手な余談ですが、脊椎動物などの億年スケールに及ぶ「大進化」は確かに実験はできません。化石でしか分からないので、新たな発見の度に定説は常に更新、訂正されます。

 よってその大進化のメカニズムの捉え方には、同じ古生物学者でも異なる場合がありました。ここで言いたいのは、知人でもありライバルでもあったドーキンスとグールドの大進化に対する異なる捉え方です。
 大進化は小進化の積み重ねで起きる(=大進化と小進化のメカニズムは全く同じ)というドーキンスに対し、グールドは大進化のメカニズムは小進化とはちょっと違うんじゃないかという「断続平衡説」を主張。
 断続平衡説とは、グールドがカンブリア紀の生物について書いた『ワンダフルライフ』に詳しいですが、進化には突然一気に爆発的に進化する時期と、全く進化しない停滞期があってそれを交互に繰り返すというモデルです。
 つまり生物は少しずつ漸進的に多様化していくのではなく、いくときゃ一気に急進的に行くというのがグールドの説です。

 グールドの説は「ミッシングリンクの中間生物」の存在を仮定しなくても進化を説明できる点が強みでしたが(一気に変化するから)、その根拠となっていた「中間生物が化石で見つからない=存在しない?」という前提がティクターリクや恐竜によって崩されつつあるので、その点では断続平衡説はやばいのかな?と思います。
 実は現在では「断続平衡説を裏付ける強力な根拠であったカンブリア紀の爆発的進化も、小進化の積み重ねでゆっくり起きていただけなのではないか?」と(ドーキンス寄り=ダーウィン寄りの立場である)フォーティは仮説を提唱しています(これについては本ブログ当該記事「1年40000種絶滅は真実ではない」で)。
 
 しかし「そもそもこのドーキンスとグールドの二つの進化モデルは対立するものなの?」という疑問が私にはどうしてもあります。これってどっちも正しいのではないか、と思うわけです。
 「フラクタル」という数学の図形があります。小さな三角形を集めて大きな三角形を作っている「シェルピンスキーのガスケット」等が有名で、つまりこれは相似(同じ形)の図形がいっぱい集まって、さらに大きな相似の図形を形成している図形のことです。

 レンスキーの実験のようなバクテリアの小進化の地道な漸進的(とはいえバクテリアだから普通の動物よりはるかに速いですが・・・ここでは「漸進的」と言うより、絶え間ないという意味の「コンスタント」を用いるのが良いでしょう。)な変化も、クローズアップすれば小さな階段になっていて、その階段をさらにクローズアップすれば、急進と停滞の繰り返しに見えるんじゃないか?

 逆に大進化において急進と停滞の繰り返しに見える事例もあります。例えば恐竜が絶滅したことで空席となったニッチ(生態学的地位。簡単に言えば芸人のポジションのようなもの)をこれまで虐げられていた哺乳類が一気に埋めた「日和見進化」などがそうで(これはドーキンスも納得してくれるんじゃないかと思いますが)、その断続平衡的な大進化の現象のメカニズムの本質は、ドーキンスの言う漸進的小進化の積み重ねなのではないか、と。

 つまり生物の進化には環境が大きく影響を与えているので、漸進的に小進化の(『賭博黙示録カイジ』風に言うならば)「ノック」を続けていても、それが報われる時と報われない時がある。それが大進化の断続平衡を生んでいるのではないかと私は思うわけです。
 まあ、こんな話、もしかしたら『進化の存在証明』の後半でも出てくるかもしれませんが・・・

化石で埋まるミッシングリンク

 ああ~もういい加減くどい(笑)。

 それくらい『進化の存在証明』第6章は、嫌になるほど易しく(こんな言葉使ったの初めてだ!)大進化の具体的な証拠=化石を挙げて、進化が事実であることを説明しています。

 こうなると反対派がドーキンスを倒す方法はただ一つ・・・それは「世界中で発掘される化石証拠が大掛かりなドッキリだと証明する」ことです。つまり恐竜とかはインチキだと。あんなバケモンは実在しねえと。本当にこの方法しか無理ですよ。なんでそうなっちゃうか、本書の要約から、以下に説明します。

 これまで魚類が陸に上がって両生類に、爬虫類が鳥類に進化した証拠「中間種」の化石が見つかっていないことから、化石だけでは説明できない「ミッシングリンク」が存在すると反論する人はしてました。
 しかしドーキンスは(場合によっては執筆時09年の最新の)化石の発掘から、その反論を尽く斬り捨てます。つまり「ミッシングリンク」を埋める化石はすでにあるぞ、と。

 まず魚類と両生類のミッシングリンクをつなぐ中間生物から。まずドーキンスは有名どころの「ユーステノプテロン」を挙げます。ユーステノプテロンとは、ひれの中に丈夫な「骨」が入っている「肉鰭類(にくきるい。変換できねえ)」といわれる魚で、陸を少しなら這う事が出来ました。しかしユーステノプテロンの陸をひれで這うのはあくまでも、なんかのきっかけで陸にあがっちゃった時に水にもどる為の一時的な緊急措置で、もちろん生活圏は水中です。

 次の例は、これも有名どころですが、「イクチオステガ」で水中にすむワニのような生活をしていた、サラマンダ―のような形の両生類です。強いて言うならオオサンショウウオに見た目は近いです。イクチオステガはユーステノプテロンよりも陸上に進出しやすい骨格を持っており、私が小学生の頃は「初めて陸上に進出した脊椎動物」と紹介されていました。

 しかしこの魚類のユーステノプテロンと両生類のイクチオステガは見た目があまり似ていません。よってこの二つの生物をつなぐ中間生物が発見されていないことから「魚類と両生類のミッシングリンク」を作ろうと思えば作れたわけですが、その後さらにユーステノプテロンよりイクチオステガに近い魚類の「パンデリクチス」と、イクチオステガよりもユーステノプテロンに近い両生類の「アカントステガ」が発見。魚類の両生類の距離はこれでぐっと縮まりました。

 そしてとどめの極めつけが「ティクターリク」の発見です!このティクターリク、もはや魚なんだか両生類何だか分からないほど不気味なキメラ動物で、まさにミッシングリンクを埋める化石証拠と言えます。
 なにせ頭と胴体はイクチオステガ、鰭(=脚)と尻尾がユーステノプテロンで、まさに「魚類と両生類の中間生物」という名がふさわしい動物です。ぜひティクターリク、興味がある人は調べてみてください。ぶっ飛びますw。

 次にドーキンスは、爬虫類と鳥類のミッシングリンクについて言及。まず鳥類をほかの脊椎動物のグループと同じ「綱」というレベルにするのはおかしいと論じます。
 鳥類はそんなに大きなグループでなく、せいぜい爬虫類の一部程度で、んなことやるなら爬虫類を「恐竜、ワニ、鳥」「トカゲ、ヘビ」「カメ」の三つのグループに再編成すべきだ、と言うのです。
 確かに、ワニや恐竜は、トカゲやカメよりも鳥に近く、なぜ鳥だけが魚類や爬虫類、哺乳類と同格に扱われているのかと言えば、ただ単に鳥と爬虫類(の一部。ワニなど)のミッシングリンクをつなぐ動物「恐竜」がたまたま絶滅しちゃっって、いなかっただけだからというのは、恐竜オタクなら「言うまでもない(『魁男塾』より)」。よって恐竜こそ爬虫類と鳥のミッシングリンクを埋める中間生物じゃないかと。

 ドーキンス曰く、このような化石が出なくても、このような生物が存在することは自明で、「中間生物の化石の発見は、ちょいと嬉しいボーナスくらいのものだ」と余裕です。化石の発見は自分の説をさらに強固に裏付けるだけで、自分の論自体は絶対に揺るがないと考えているのでしょう。

「しりとり侍」がダメでも懲りずに「数取り団」

 バラエティ番組のあり方をBPOとバラエティ番組制作者が議論するシンポジウム「バラエティ番組向上委員会」が行なわれたそうですが、このシンポジウム自体が番組として面白いです。
 いつも思うんですけど、こういったテレビ批評番組、こんな朝にやらないで、もっと人が見る時間帯にやったらいいのに。けっこう面白いし。
 この放送時間帯(朝五時半)が、テレビ業界がBPOの意見なんて本気で相手にしてないってことを物語ってるのかもしれませんけど。それともいいスポンサーがつかないのかな?

 このシンポジウムの中で、TBSのバラエティ番組「リンカーン」の製作者の人が「ユートピアのゴムパッチンの伸びる限界を探るコーナーで、視聴者からすごいクレームが来たんだけど、あれはスタッフが裏でちゃんと安全性をテストしてて(ということは50メートルゴムパッチンをスタッフさんもやったんだろうなw)本当は大丈夫なんだけど、それを番組内で言っちゃったらつまんないじゃん」とか言っててけっこう笑えました。
 というか、そんなこと(裏で事前にテスト)みんな知ってるだろうし、本気で「あれは危ないからやめろ」ってクレーム付ける人って単に文句何でもいいから言いたいだけなんじゃないのかと思います。
 だって称賛にしろ苦情にしろ、テレビ局に意見出すのなんて正直面倒くさいし、それでも文句をわざわざ言うって言うのは、なんか何でもいいからストレスをどこかにぶつけたいのか・・・とにかく凄い攻撃性・・・ネットでもそうだけど、どこの世界でもこういう人っているんだろうな・・・。
 で、こういう輩を相手にしなければいけない、現在のテレビ業界の心中お察しします。というか辛いのは現場の制作スタッフですね。クレームが直接現場じゃなくて、上層部に行って、そこから間接的に怒られるようですから(そもそも全ての人が笑える番組なんて本気で作れると思ってるんですかね?)。
 テレビ業界って、自衛隊、警察に次ぐ強固なヒエラルキーの世界らしいので、そんな中でもタブーに果敢に挑戦するスタッフの熱意はすごい。

 テレビの制作に携わる人がこういうこと言っちゃダメなんだろうけど(だから私が言う)、やっぱり今のテレビがダメなのは視聴者の責任でもあるし「何でもかんでも作り手のせいにするなよ」とは思います。
 結局面倒な手間をかけて意見言う人は文句を言う人が多いから、その業界をダメにしてしまう(実は全然懲りずに同じことやったりしてるから、バラエティ番組の未来は決して暗くはないと私は思うんだけど)。
 対応策は「くだらなくて面白かった!」と言う肯定的な意見を持っているのに、めんどくさくて現場に意見を発信しない私たちが積極的に意見を言う事なんだろうけど・・・やっぱり面倒くさいなあ。すいません。
 でも今のテレビって本当につまらなくなったのかな?番組のクオリティは高いし、マーケティング戦略は行くとこまで行ったんじゃないかと(これによって番組の内容が時に画一的となるのは問題。時間帯とかずらせばいいのに・・・)。
 結局、単にみんなテレビに「飽きた」ってだけなんじゃないのかな?

進化を実験する

 おもしろい・・・!リチャード・ドーキンスの『進化の存在証明』は第5章から本領発揮!アフリカゾウや、孤島のトカゲと前置きを終えたのち、ついに進化を“実験で”確かめられるバクテリアの登場・・・!たまたま私も「バイオロジー」でバクテリアの進化について執筆していたので、なんともタイムリー。
 「この世に普遍的な法則などはない」と仰っていた視野が狭く無知な絵画の教員も、これを読めば納得すること請け合い?ただドーキンスはバクテリアの話に入ると「ここから話が長くなるし、別に難解になるわけではないけど、ちょっと複雑だから、今が夜更けなら明日ゆっくり読んだ方がいいよ」と(何度もw)念押し。
 これは話が難しいどうこうじゃなくて、とても重要な話だから「じっくり正確に」読解して欲しいのだろうな。

 と、いうわけで第5章の核である、リチャード・レンスキーの実験について、大雑把に要約。レンスキーの研究グループは、細菌(ここでは大腸菌)を20年間世代交代させて、彼らの形質がどのように変化するかを調べました。
 言うまでもなく無性生殖の細菌は、世代交代のスピードが速く、一日6~7世代繁殖すると言います。よってレンスキー氏の20年に及ぶ実験では、なんと45000回に及ぶ世代交代を観察できることになります。

 この実験に細菌を使った理由は他にもあって、実験開始前のオリジナルの細菌や、任意の世代の細菌のサンプルを冷凍保存し、キープ出来ると言うこと。
 サンプルを再び解凍すれば、彼らは生命活動を再開してくれるので、実験前の細菌と、実験後の“進化”した細菌の形質を比較することもできますし、適応度を調べるために同一環境で暮らさせて競合させることもできます(この場合に備えて細菌にはあらかじめ遺伝子操作を施し、旧型と新型を色で区別できるようにしています、Ara+遺伝子は赤、Ara-遺伝子は白)。

 レンスキー氏は、同一の遺伝子(クローン)の細菌を12のフラスコに分けて入れて、それぞれに独立した進化を促しました。例えるならば、動物を遠く離れた12の大陸に別々に生息させたわけです。早くからほかの大陸と独立したオーストラリアに住む動物に独特な固有種が多いのはこのためですが、それでも流木などで海を渡ってガラパゴス諸島にいっちゃう例もあるので、レンスキー氏の実験はそんな偶然すら許さない絶対的な隔離だと言えます。

 レンスキー氏の実験は、個々のフラスコにグルコースと言う細菌の餌を入れて、細菌たちを育てるわけですが、増殖に伴い細菌の餌は次第に減っていき、食糧不足に陥ります。このような状態を停滞状態(プラトー)といい、大体グルコースは一日で尽きるそうです。
 レンスキー氏のグループは、一日経過しプラトーとなった細菌たちの一部(100分の1を無作為かつ正確に抽出して)を餌が入った新しいフラスコに移します。
 この作業を毎日12の「フラスコ大陸」に別々に行い、12系列の細菌の進化を見届けるのです。つまりフラスコ大陸では1日ごとに、大豊作と大飢饉が繰り返され適度なプレッシャー、淘汰圧を与えている事になります。

 20年後、7000回フラスコを取り換え=餌を供給し、細菌が45000世代経過すると、程度の差はあれ、どの大陸でも打ち合わせでもしたかのように、同じ進化の傾向、細菌の大型化が見られたのです。
 つまり12大陸で同じように遺伝子が変異したのであり、それは突然変異と言う偶然なのですが、まるでその傾向は必然的で「なるようにしてなった」偶然なのです。
 これは仮に生物集団が隔離、独立していても、環境が一緒ならば、スマートボールの弾がどの点数のホールに入るかには差があるにしろ、上から下に落ちると言うおおまかな「運命」は絶対的だということを、示しているのではないでしょうか?

 よって進化のメカニズムはあくまでも「偶然」だとしても、生物は環境と絶えず「相互作用」をしており、変化は必然的に起こると言う事。
 そしてその変化は、初期値やその環境が同じならば、それぞれのコロニーが辿った進化の細かな過程の差はともかく傾向も似通ったものになると言う事がこの実験から見て取れます。

 でなければ、12の細菌グループが同じような遺伝子の変異をすることが理解できません。中学校で習ういわゆる「確率」では、20年後に12の細菌グループが同じような進化をする確率は、人が「奇跡」と言うほどの天文学的低さとなるでしょう。

 追記:実はこの実験では、たった1つのフラスコ大陸の細菌たちが、グルコース以外の物質(クエン酸塩)を食べれるように変化したのですが、この話はちょっと複雑で(いわゆる「木村資生の中立進化」だと思います)「バイオロジー」で取り上げることにします。

 第6章は、どうやら古生物学の話になるよう。楽しみだ。

池上彰さんと日本の教養

 最近テレビで池上彰さんがニュースを解り易く解説する番組が多いです。ニュース解説番組が多いのではなくて、「池上彰さんのニュース解説番組」が複数あるのがすごい。
 こういった番組がそこそこ数字をとっていると仮定すると、大衆はニュース番組の小難しい内容に、もはやついていけてないのかもしれません。
 これは分かりやすくニュースを伝えようとしないニュース番組の責任か、それとも学校を漫画描いててさぼり倒し、一般教養のレベルが低い我々の責任か(それはお前だけ)、なんにせよニュースが理解できないという危機的状況を打破すべく現れた救世主が、池上彰さんなのかもしれません。

 そもそも池上さんはNHK「週刊こどもニュース」という子供向けにニュースを解説するお父さん役をやっていて、その子どもにもわかりやすい解説を、今度は民放で大人にも行っているわけで、私たちは「これを見て感心している私たちって一体・・・」ってちょっと学校の授業をさぼったことを反省すべきだと思います(でも実はNHKは大人向けのニュースでもトピックをイラスト付きで分かりやすく教えてくれている)。
 まあ、政治、経済、金融などは、基本的なことはもう小学校高学年でしっかりやってますからね。おそらく小学生にこんな事教えても、日常の生活とはあまりにもかけ離れていて頭に入ってこないのでしょう。というか、それが逆に正常な反応なのかもしれませんが。

 もし、ふがいない教育のしりぬぐいを池上さんがやってくれて、日本人の平均的な教養が上がるのならば、日本の未来は少しは明るいかもしれません。ニュースの内容分からなきゃ、そもそも、それを話題にした議論が成り立たないし、正直ニュースの話で盛り上がれる人なんて私の周りにも限られています。
 実際チャウシェスク政権時のルーマニアなんかは、近代化の為に教育に力入れすぎちゃったら、みんな賢くなっちゃって「独裁政権ってダメだろ」と革命を起こされちゃったらしいです。
Calendar
<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273