親の経済力と子の学力

 教育者の金森俊朗さんらによれば、今はほとんどの子が塾に通っている、ダブルスクール状態らしいです。
 小学生の頃の私は、塾って言ったら「すごい勉強が得意でセレブな子だけが通うところ」だと思っていましたが、今や小学生が塾に通うのは珍しくないようで、そう考えると「学校で先生は何を教えているんだ」っていう突っ込みも少しは解ります。教育実習に行き研究授業をやり、しかも塾で講師もしている、どっちも片足突っ込んでいる私が言うのもなんですけど。

 かわいそうなのは、学校の後に間髪入れずに塾へ輸送されている子どもたちなのですが、私がお世話になっている塾に通っている子を見る限り、そんなに嫌そうじゃないのが驚き。もう運命と受け入れているのか、勉強がそこまで嫌いじゃないのか、塾の雰囲気が結構和むのか(これはある気がする。この塾アットホームでピリピリはしてないから)けっこうダブルスクール状態に順応してるんですよね。すごい時代だ。私なら脱走します。

 このような子どもが塾に通うのが当たり前の世の中で、たびたびマスコミが報道するのが「親の経済力と子の学力の相関関係」なのですが、なんでも東大に入学する子の親はたいていセレブだとか。
 この「学力格差は実は経済格差とつながっている」と言う説は、事実なのでしょうか?私が思うに「子の学力は親の学力に少し影響している」とは思いますが、金をかけていい塾に入れないと今の子供は勉強ができないって話でもないんじゃないかな、と思うわけです。
 つまり…親の学力が高い→高給取りになる→この親は自分でも子どもに勉強教えられるけど、仕事が忙しい→金があるので塾や予備校に子どもの勉強を任せる→結果子どもはいい大学に入る…ってだけで、たまたま結果論としていい大学に入る人の家が金持ちなだけって気もします。
 一番厳しいのは、自分の子供に勉強を教えられない親が、なけなしのお金で塾に勉強をまる投げしてしまうと言う事です。
 お金持ちじゃなくても、勉強が教えられればいいんですけど、でも教えられるほど勉強できれば、大抵いい仕事就けて裕福なのかな?いやそうでもないな。どうだろう。

 まあ「金持ち=勉強できる」って単純な話じゃないことは確かです。大切なのは、今の子どもたちが将来親になった時に、せめて自分の子どもにだけは義務教育分の学習内容を教えられるくらいの学力を、学校が養うことだと思うんですけど…難しいんだろうな。
 学力だけで人生や将来をスクリーニングしちゃうっていうのが、やっぱりそもそもの原因なんでしょうね。学力だけじゃなくて、本当は人格が一番大切なのはみんな分かっているんでしょうけど、人の心なんて偽るの巧い人は、面接でいくらでも偽れるだろうしな…

情けない

 ここのところ目の使い過ぎか軽い頭痛が続いていて、昨日とうとう吐き気を催すほどひどくなっちゃって、これはかつて一回だけ経験したことのある「片頭痛」か?と思いましたが、自動車酔いだったみたいです。
 せっかく数カ月ぶりにA氏と会えたのに一日無駄にしました。彼女からは「絵を無理して描きすぎ」といわれ、確かに論文終わった反動で無茶しすぎたのかな、とも思うのでソコソコ頑張ろうと思います。

 素人が傍から思うに、片頭痛など、現代の医学で原因がよく分かっていない病気(潰瘍性大腸炎とか)って、大抵「ストレス」が関係しているような気がするのですが、どうなんだろう。ストレスって何をストレスと思うかは人によって違うから、なかなか普遍化できないと言うか…そもそもストレスって何なんですかね。得体がしれねえ…
 なんか庭にいるハサミムシとかトカゲとか小動物でも飼育して癒されようかな。

日産自動車の“ダーウィニズム”

 中学校の頃の友人M氏はすごい自動車マニアで、日産のスカイラインとか好きだったんですけど、その日産もカルロス・ゴーン氏がCEOになってから、ボーダレス化が進み、役員は半分が外国の人だと言います。

 日産自動車は仏ルノー傘下となった平成11年から、社内の公用語が事実上、英語となった。役員や経営会議メンバーの半数は外国人。昇格も英語が必須で、得意でない社員は翻訳ソフトが手放せないという。

 社員の意識改革を担う「ダイバーシティディベロップメントオフィス(多様性開発室)」の高橋美由紀室長(48)はカルロス・ゴーン社長(55)の通訳などを経て現職。愛車はスカイラインという高橋さんは「企業がボーダーレス化すれば社員も変化を迫られる。日本人が変われるかどうかが問われている」と強調し、こう続けた。

 「いつの間にかゲームのルールが変わってしまった。でも、合わせなければ生き残れない。戸惑いはあっても少しずつ頑張るしかない。20年後、自動車業界は世界で何社が残っているか。その時にぜひ勝ち抜いていたい。でもそれは、この業界や弊社だけの課題ではないと思います」

 手渡されたパワーポイント資料に日本語と英語でこう書かれていた。

 《最も変化に適応できる種が生き残るのだ。(チャールズ・ダーウィン)》

 20年後、日本という国はどのように変わっているのだろうか。そもそもあるのだろうか。

出典:2010年3月7日付 産経新聞東京朝刊


 ダーウィンの自然選択説は、科学に大きな影響を与えましたが、佐倉統さん曰く、それと同時に自然科学以外の、政治や思想、社会科学にも応用され、時には誤って用いられることもあります。
 で、この日産の引用の仕方ってなぜか釈然としないんですよね。その理由を考えるに、ボーダレス化やグローバルスタンダードって、そもそも自然選択が言うような、いかんともしがたい自然環境なのか?ということです。

 こういった社会の枠組みや構造は、天気や気候のようなものではなく、何を隠そう我々人間の総意で形成されているのだから、「ボーダレス化を前提として企業は変革し適応していかなければならない」って考え方は、なんというか一見ダーウィニズムっぽいけど微妙に違っていて、長期的な視点のない短絡的な企業戦略のような気がします。このせっかちな体質によって、今の日本は政治も経済も問題になっているのではないか?と思うのですが…
 なんでボーダレス化自体を何とかしよう、新しい変化を作ってやろうって考える人がいないんだろう。それは企業じゃなくて政治の仕事だってことなのかな?でも自民党政権の時は、経団連ってやたら政治に注文つけてたじゃないですか。教育とかにも。
 私は経済は詳しくはないし、現場で日々決断をしなければならない役員の人のことも少しは想像できますけど、それでもダーウィニズムとはボーダレス、グローバル化の根拠になるとは思えません。
 逆にグローバル化によって生物多様性が失われるのは周知の事実だし(アメリカザリガニやドードーなど)進化だって単純な生物(ウィルスなど)は変異や、(栄養と条件さえあれば)繁殖も早いですが、その分駆逐されるのも早いですからね。

 環境は日々変わっていきます。だからそれに適応するために変化を求められることは分かります。ただだからこそ、変化の上澄みだけで判断し、ころころ変わってしまうのはどうかと思うんです。
 頑固な保守も困りものですが、変化の中核、普遍的なものを見据えなければ長期的にはやはり淘汰されてしまうのではないか、と。サメ、ワニ、ゴキブリ、トンボ・・・昔ながらの伝統を今なお受け継いでる奴らもいますからね(マイナーチェンジはしてますが)。
 鳩山総理は宇宙論を持ち出して「宇宙は揺らいでいた。政治だって揺らいでもいいじゃないか」と、さすが理系総理っぽい事を言いましたが(おいおい笑)、誕生時には揺らいでいた宇宙だって、ある種の秩序が徐々に形成されていったのは常識で、「なんか科学用語言えば一般の人は反論できないだろ」的なハッタリなんじゃないかという。

 つまり私はグローバル化にあまり賛成してないって言うだけなんですけどね…世界平和って別に国境取っ払わなくても出来ると思うんですよ。
 でも中には国家という枠組みがなくなれば平和が訪れて、宇宙船地球号(もしくは国連号?)のイッチョアガリって考えている人もいるのかもしれませんね…難しいなあ。

不毛地帯 完

 まさに神がかり的な感動の最終回。泣きそうになりました。
 
 主人公の壱岐さんって時代のせいかもしれないけど、仕事はできるけど家庭を犠牲にして(まあ男は外で働いていた方が楽でいいと言う説もありますが…)けっこう女性泣かせな人だな~と中盤思っていたのですが、最終回で大門社長に勇退を進言する時に見せた信念にやられました。確かに辞表書いてましたもんね。もうあのシーンは身を乗り出して「おおお!」って感じでしたよ。
 今の政治家にこれ(若い世代を育ててあっさり身を引く)が出来たら、どんなに…まあ、昔もできてなかったけど(院政とか)。

 このドラマのキーポイントがタイトルの由来にもなっている、過酷なシベリア抑留だと思うのですが、私の友人の祖父の方が、まさにシベリアに抑留経験がある方で「やはりあの戦争は今なお終わってないんだな」と思いました。
 第二次世界大戦の描き方も、全面否定も全面肯定もしていないと言うか、客観中立的なもの(ABCD包囲網で戦争に突入し、日本は武力による資源確保を選んでしまった)だったし、ただ「戦争は悲惨でいけないんだ」的お涙ちょうだいの感動ドラマじゃなかったのは、私のような戦争を知らない世代には、偏ってなくてよかったと思います。

 今回のアカデミー賞の『ハートロッカー』にしろ、戦争が悲惨なものは世界中の誰だって知っているのに、今なお世界では戦争が続いている現状を少しでも理解するには、ある程度メタ的な視点と言うか客観視が必要になってくると思います。
 戦争は悲惨で最悪な手段ですが、それを選ぶのは人間の判断です。戦争と言う最悪なカードを今後切らないためにも(今は核があるので切ったら破滅)かつての歴史を冷静に学ぶ必要があるのかもしれません。

 このドラマの興味深かったところは、第二次世界大戦~高度成長期を「経済」の観点から描いていることで、戦争について一つの新しい見方を提供してくれたのかな、と思います。
 「石油の一滴は血の一滴」・・・すごいセリフです。確かに現代の文明は石油に支えられています。エコブームで二酸化炭素削減とは言うものの、石油なしでは私たちの文化的生活は営めません。火力発電所は一度止めると再起動に膨大なエネルギーと予算、手間がかかるので、まるで人間の心臓のように朝も夜も電気を作り続けていると言います。
 ハンナ・アーレントは、人類の振る舞いを決めるのは、いまや経済と言っていますが、戦争や環境破壊を引き起こすのも経済ならば、人類を救済するのもやはり経済かもしれません。石油よりも使い勝手がよくて、とにかく安い(ここが重要)エネルギー資源が見つかれば、すぐに乗り換えるとは思うのですが…

 とにかく考えさせるドラマでした。こんなにドラマにはまったのは『結婚できない男』以来だ…

作者がどうしてもできないこと

 今日はKO氏と共に、T君が上げてきた絵コンテを確認。KO氏はコマ割りが少し気になった箇所もあったようですが、私が見る限り絵も相当レベルが高く、そこまで読みづらさも気にならないと思うので、ペン入れに進んでもらいました。
 絵コンテを読む前は、正直「いろいろ細かい修正箇所を指摘することになるのかな?」と思ってたんですけど、これだけ描ければ上出来。そんな必要ありませんでしたね。

 作者というのは、自分が描いた作品を客観的に読むことがなかなか難しいのですが、それでもなんとか一読者としてその作品を読む事は出来ます。
 しかし作者が絶対にできないのが「その作品を初めて読むと言う事」です。これってどういう展開になるんだろう?とワクワクしながら読む事は絶対無理。展開知ってますから、初見の楽しさや意外性が実感できないんです。
 だから私は他の人に読ませて、その人の笑いのツボとか好みを知ろうとするんですけど、今回は作画が別の人ってこともあり、半分「いち客」として楽しむことができました。

 たとえば脚本を考えている時も、そのシーンのイメージなどを思い浮かべながら行うのですが、やはりその時のイメージとはかなり曖昧で、具体的に絵にする際に「ああ、こうなるのか」とか「このアングルの方がいいな」などと視覚的なイメージを明確化していくことになります。
 今回その作業を人に任せたことで、「あ、ここは自分でもこうやって描くな」ってところや、「あ、ここはこういう風に描いたのか」ってところなど、自分の考えた話なのに他人の絵が入ることによって、自分の漫画じゃないような不思議な感じがして、なかなか面白かったです。
 なんせ絵はT君で、話の展開やセリフは私ですからね。貴重な経験でした。
Calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269