すいません

 BBSにエッチな広告ばっかり来るので、Dario氏の提案でBBSを一時閉鎖します。BBSに書き込んでくれた人ありがとうございます。データーは大切な宝物として保存しているのでBBS復活の際にはまたよろしくお願いします。

まいった

 今日は、10時間以上も恐竜のイラストの細かい所を直してて、一日つぶれてしまった…だから絵は嫌なんだよなあ、時間がいくらあっても足りない。もう当分絵なんて描きたくないですね。自分の画力のなさが嫌になる。

 そもそも恐竜の絵って骨しか資料が無いし、他の絵(図鑑)を見てもあまり参考にならないし、自分のイメージで描いていくしかないから、これでいいのか自信が持てません。石膏デッサンじゃないですから。

 そういえば友人のサイトが更新されていて、その漫画「レツとゴウ」には画面の前で爆笑。あの不条理さ、「アウターンドゾーンネ」の「かわいそうに」と通じるものが…私のツボみたいです。

 あと佐倉統さんって、中学の頃読んだ荒俣宏さんの本でのインタビューでは、落ち着いた人かなって感じでしたけど、自分の著書ではけっこうとばしてますね。竹内薫さんの本みたいな文で分かりやすいし、ユーモアがある。あと、この人グールドよりもドーキンス派ですね。というかドーキンス・ラブみたいな。

 またジェンダーに関しては私と意見が全く一緒。そりゃそうです。少し生物学知っている人なら「性別は社会が決める」というラディカルフェミニズムにはついていけないんですよ。
 ボーボワールだって「私は女として生まれるのではない、女になるのだ」は何かのメタファーとして言ったと思うんですけどね。それを言葉どおり受け取っちゃったのが、ああいうフェミニストなんでしょう。

科学における因果関係

 今日はとりあえず「生物」関係の資料を、覚え書程度に。
『好きになる生物学』吉田邦久著 講談社
『国際動物命名規約提要』渡辺千尚著 文一総合出版
『増補 動物系統分類の基礎』内田亨 北隆館
『どこまで描ける生物進化』宇佐美正一郎 新日本出版社
『進化遺伝学』ジョン・メイナード=スミス著 巌佐庸 原田祐子訳 産業図書
『進化論の挑戦』佐倉統著 角川選書
『生命40億年全史』リチャード・フォーティ著 渡辺政隆訳 草思社
『Newton別冊 宇宙と生命』教育社
『Newton別冊 からだのサイエンス』教育社
『Newton別冊 動物の不思議』教育社

科学の研究って実験や観察から因果関係を導き出すことだと思っているのですが、そこが重要な分、参照するデータをいかに客観的に分析するか、もっと言えば有用なデータをどれだけ集められるかが、まずもって最も大切なことなのかな?と、気象学の先生との会話で感じました。

 この要素とこの要素は相関しているのか?それとも全く関係してないけれど、そう見えるだけなのか?

 科学を研究するならば、そこをかなり厳しく考えていかないと、一人前扱いされないって世界なんでしょうね。

 科学の歴史を振り返ってみれば、その歴史において大きな変革をもたらした理論が、いかに間違って解釈され、応用されたか分かります(自然選択、利己的遺伝子説など)。それもこれもデータから誤った因果関係や意味を抽出してしまったからなのでしょう。
 プロの学者でさえそんな事繰り返すのだから、恐ろしい。

 「オレはこう思うんだけど、そうなってほしいなあ」という期待や先入観は捨ててからデータを分析しないとエライことになりますよね。文学評論じゃないんだから。

集合的無意識について

 今日は美術教育の在り方について二時間半も教授と議論しました。私みたいな素人の質問に長時間丁寧に答えてくださって、美術教育における膨大な知識、幅広い教養を感じました。テープレコーダーで録音しておきたい有意義な議論でした。

 昨日の疑問点を今日先生にぶつけたことで「無意識」については何とかイメージがつかめたのですが、新たな厄介な敵が現れました。
 それがユングの「集合的無意識」なのですが、これも言葉が誤解されやすいと思います(日本語の訳のせいかもしれませんが)。
 そもそも「集合的無意識」という言葉が差す考え自体は、そこまでぶっとんではいません。それは、どんな細胞でも基本的な構造(核、細胞質)が同じだったり、「ヒト」という種類が大体同じような(核酸情報やタンパク質情報による)生物学的特徴をもっていたりするのと同じく、どの人においても大体共通する普遍的かつ基礎的な精神の構造や類型(=元型)のことです。
 
 リードの『芸術による教育』では、「どの国や、どの時代のマンダラも、四面分割などといった特徴が、文化が伝わったわけでもなく(←とりあえずそう仮定して)大体似たようなものとしてみられる」という事例の理由として「集合的無意識」を取り上げています。
 
 しかしその「集合的無意識」という言葉の感じから、ユングの考えは発表当初、学術的な意味をなさないオカルトだ、と受け入れられなかったそうです。トンデモ扱いされちゃった、と。
 その原因はおそらく、当時の学者さんが個人主義的であったのと、「集合的無意識」をSFなどで出てくる、個人と個人の意識の共有「集合精神」みたいなもの(『スターシップトゥルーパーズ』の宇宙昆虫「アラクニド」みたいな)だと捉えてしまったからかもしれません。

「無意識」という言葉

 リードの『芸術による教育』「第6章――無意識的な統合の過程」の論考は重要な分、慎重に考えていく必要があります。素人くさい話で恐縮ですが「無意識」って「意識がないこと」ではないですよね。いわゆる「意識不明」では。
 言葉通りに受け取れば「無意識」って「意識が無い」って取れてしまいますが、それは「意識」という言葉と、「意識的」が違うように、「無意識」とは「無意識的な意識」という意味で使われてますよね。本当にややこしい。

 「意識せずに瞬きをした」という時の「意識」と「重態で意識が無い」という時の「意識」って同じ言葉なのに、ニュアンスが少し異なります。それとも「意識の度合い」なのかな?そもそも「意識」って何?
 「意識不明の重態」も「死」ではないから意識は若干あるんですかね。外部には分からないだけで。こういうふうに、思考の坩堝に陥っちゃうからこの章は何とも納得しづらいです。

 そもそもこういった「意識」の議論は少々頭でっかちというか、注意深く集中したものが「意識的な意識」であり、普通は「無意識」という考え方って、なかなか自然に入ってきません。それは「意識があるけど気がついてない」って言えばいいのでは。
 
 絵を描くことと、運動をすることって、似てないようで、意外と肉体的というか近い気がするんですけど、とっさにボールを奪ったり、滑らかな線を引いたりしている時って、すごいそれだけに集中していて、頭の中は「ああだこうだ」と理屈こねくり回してはいなくて、いわば無の境地みたくなっていますが、あれも意識の集中であって「無意識」ではないですよね。

 じゃあ「無意識」ってなんだ?それをあらかじめ用意された、どの人も大体平等に持っている先天的な心理の構造とするならば、「無意識」なんて言わずに「先天的心理構造」って言えばいいわけだし・・・

 よくアニメとかで、記憶をなくした主人公が、忘れた記憶を思い出す旅に出るとかいう内容のやつがありますけど(今や結構ベタ)ああいった本人の記憶なのに、意識に表出しない要素が無意識なんですかね。フロイト氏。
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276