オパ描いてます

 久々に漫画を執筆。まるまる一年ぶりくらいだと思うんですが、集中線を引いてて「何て面倒な作業なんだ」と開始10分くらいで投げ出しかけましたが、なんとか勘を取り戻すことができて、三枚ほど描きました。ベタやコマの枠線に使うマーカーやトーンが足りないので、明日文具屋で調達する予定です。
 また『オパ』のようなギャグ漫画はもう何年も描いてなくて、しかも中学校の頃描いた第一話の内容を私が忘れているので(現物はなくしちゃったので)当時のノリや展開を思い出すのに少し戸惑いました。骨造ってそもそも全裸キャラだったんですよね。衝撃の事実。

 ギャグ漫画って小奇麗なストーリー展開なんて必要なくて、むしろそれを叩き壊すような不条理な展開が笑いにもなると思うんですけど、最近の私のマンガは『抽選内閣』以降脚本重視だったので、こういうメチャクチャなストーリー(というかストーリなんかない)のマンガは新鮮。当時の私、何も考えずに筆滑らせてますね。
 結構『オパ』や『青アタ』のギャグってイギリス並にきつくて、読む人によっちゃ引いてしまうと思うんですけど、まあいいか。K氏へのサービスで描いているようなものだし。一般受けは狙いません。
 どう考えてもオパってモラルのかけらもない最低な奴で、自分より弱い奴なら年寄りだろうが、子供だろうが障害者だろうが、いじめ倒しますからね。読み返してみると結構危ないネタあります。

 私などと同列に語るのはふてぶてしいとは思いますが、過激なギャグが引かれてしまって、あまり発表する場に恵まれないと言えば、今回フランスで文化勲章の最高位である「コマンドール」を受賞したビートたけしさんですよね。
 たけしさんは日本だと眉をひそめる人が多いのか、好き勝手に暴れられず毒舌をセーブしている感じがしますが(TBSの報道番組「Nキャス」の三面記事新聞のコーナーでのたけしさんは生き生きとしてる・・・あとテレビ朝日でたまにやる深夜のたけし軍団枠)、あの人の感じはやっぱりヨーロッパ向きなのかなって思います。所さんと作った嘘雑誌『ファモーソ』なんてヨーロッパ好きそうだもの。
 ヨーロッパと言えば『ミスタービーンの謎』(ちょっと懐かしい。ローワン・アトキンソン主演のイギリスのコメディです)の著者であるスズキアカネさんによれば、イギリスの中流階級で知性と教養のある人は、「笑いとはタブーへの挑戦だ」と確信しているふしがあって、過激なコメディを好む傾向があると言いますが、たけしさんはまさにこのタイプなのでしょう。
 志村けんさんが言うように、日本って笑いを一段下に見ていると言うか、センスオブユーモアのレベルはけっこう緩いですよね。

今年の公立入試について

 今年の公立高校の入試問題は、難易度が低め。去年は恥ずかしながら、理科と数学は簡単だったものの、社会は問題がひねってあって、ガチでやったら78点という、塾で講師のバイトしている身として非常にまずい結果となったのですが(英語は教えてない=教えられるほど出来ないから毎年やってません。おそらくやっても40点がいいとこ)、今年は社会も平均的な問題が出たので、ほとんど正解できました(96点。理科と数学はパーフェクト。ただ垂線の作図は面倒なんでやってません)。
 つまり全体的に易しいので、おそらく今回は平均点がかなり高くなると予想。満点の人も多いのではないでしょうか?ここでいくつか気になる問題をピックアップします。

社会
表は、秋田県、神奈川県、岐阜県、三重県のコンビニエンスストア、スキー場、海水浴場の数を示している。三重県に当てはまるのはどれか。
解答・・・まずコンビニが3037か所、海水浴場が28か所と一番多い「ア」が神奈川だと予想。次にスキー場が43か所と一番多い「エ」が秋田、ぎりぎり海のない県である岐阜が海水浴場が0の「イ」だと予想できるので、三重県は消去法で「ウ」。

日本の社会保険制度の四つの基本的柱とは、公的扶助、社会保険、社会福祉、あとひとつは何か。
解答・・・公衆衛生。この問題は恥ずかしながらできませんでした。出てこなかった・・・

イギリスが三角貿易をしていた時の日本の出来事は四つのうちどれか。
解答・・・イギリス、中国、インドの三角貿易は後のアヘン戦争につながると思うのですが、これは1840年くらいのことなので、戦国時代の「ア」と家光が鎖国を完成する江戸初期の「イ」はアウト。最も近いのは異国船打ち払い令(1825年)で「ウ」が正解。小村寿太郎の関税自主権回復は20世紀初頭。1911年です。

 理科と数学は本当に基本系が出たので割愛します。出題も予想通りだったので(タレスの定理や平行線と比とか)、教えた人も結構できたんじゃないでしょうか?理科も補助教材で追加された分野、イオンや滑車、遺伝子など全く出ず、唯一「月」が出たのですが、問題もかなり簡単なので小学校の理科を思い出せば全然できると思います。

男女がうまくいかない理由

 なんと女性は定年などで夫がずっと家にいると、ストレスで病気になりやすいらしいのですが、その理由は男女で思考の仕方がまったく異なるからだそうです。
 最近やたらめったら「脳、脳」とテレビでは脳ブームっぽいですが、なんか最早血液型診断みたくなってて、「これって本当に科学的なのか?」って感じがします。
 例えば男女の価値観の違いは、男女で脳の構造、詳しく言えば脳りょうの太さが違うことが原因で、男は結論を求め、女性は同意を求める傾向がある・・・などと言うのですが、まあそうかもしれないとは思うものの、その科学的な根拠をテレビではなかなか説明しない(おそらくできないのでしょう。個体レベルの行動は普遍化するのが難しいから)。

 この説が一見真理だと思うのは、血液型診断を正しいと思う心理と似ていて、誰にでも当てはまることを、あなたの個別性だと言っているからなんだと思います。
 つまり女性だって結論を求める論理的思考はするのですが、人である以上誰かに同意してほしいのは当たり前だし、その逆も然りと言う事です。男女どうこうでなく、皆大体結論も同意も求めるんだと思います。皆当てはまるから、それを信じてしまう。

 私が思うに、男女における脳の普遍的な違いがあったとして、「脳が違うから仕方がない」としてしまうのは、コミュニケーションのあり方としてどうかと。男女の違いをふまえて、そこまで依存し合わないというのは正しい付き合いだと思いますけど、それって他人を自己と同一化しないということだろうし、異性だろうが同性だろうが人付き合いの基本ですよね。
 問題なのは、脳の違いという一見科学的な理屈によって、一昔前にあった男女のある種のセパレートと言うか、ジェンダーフリーの真逆の現象が起きないかなと言う事です。
 私が思うに個体や性別における脳の違いなんて、言語と想像力である程度は乗り越えられると思うし、そもそも夫がずっと家にいるとストレスって、これ同性だって毎日ずっと顔を合わせればウンザリしますよ。

 しかし脳や意識にまつわる問題と言うのは科学でもあるけど、半分哲学を含んでいるからややこしいと思います。H・リードが言うように、人間の目だってカメラのように正確にものを見ているのではなく、視覚情報の取捨選択をやっていて、目に入るもの全てを注意深く克明には見ていないんですよね(それを見れるのが直観像らしいが)。
 私は経験論のジョン・ロックに現在の科学の立場は近いような気がします。つまりモノには客観的側面(モノの第一性質=質量、位置、運動)と主観的側面(=手触り、味、色、香り)があるという事ですが、高校の頃生徒会の先輩は「脳さえあれば電気刺激で私たちは世界を“感じれる”から、案外実験室で自分の脳が電極ささっているだけで、自分が思っている人間の体が本当は無い可能性も否定はできない」と面白いことを言っていました。
 ビャクルリの発想(観念論)では「存在とは知覚されなきゃ成立しない(よって存在もしない)」といったことを言うのですが、この理屈で言えばデカルトのように、それを知覚している“もの”(ここでは電極が刺さった脳)は存在しないとならないから、やっぱりロックの方が科学的で的を射ているのかもしれません。

原稿用紙31枚で何が描ける?

 T君から連絡が入り、下書きが完了したそうです。仕事が早いなあ。今回の共同作品は三月末の手塚賞かなんかに投稿しようと思ってたんですが、手塚賞の上限が31ページで「ちょっと入りそうにない」とのこと。
 昔は手塚賞は45枚が上限だったと思うんですけど(赤塚賞は31枚)、なんで45枚枠なくしちゃったんだろう?45枚やってもグダグダした作品ばかりで、おそらく新人賞で最も投稿数が多いだろうから、長いのは嫌んなっちゃったのかな?テンポよく速く読める作品を求めているのでしょう。

 しかしストーリー物で31ページにまとめるは結構きついです。初対面の人と会った途端に意気投合できないように、漫画のキャラクターだって読者の人と作中で打ち解ける(=感情移入)には、ある程度の時間が必要です。だから長編作品は愛着が湧くんですけど、31枚だと知りあってちょっと相手が分かってきた途端にお別れって感じで、なんとも消化不良。
 逆に31ページに、物語の王道的展開である「起承転結」を無理やり入れてしまうと、なんと言えばいいか、妙にこじんまりとした作品になっちゃって、奇麗にはまとまっているんですけど、いま一つってものになりがちです。淡々と進んじゃって、読者が熱くなれないというか。
 「それをどうにかするのが作家だろ!」ってことなんでしょうけど、31ページじゃ「ん?なにこの漫画?」って、読者にちょっと違和感みたいなものを残せれば上出来だと思います。気になる存在をアピールするしかない。
 
 今回の作品は45枚には入るようなので、別の賞を狙ってみることになるかもしれません。コマを多く入れてもそこまで読みづらくなく、シーンを大幅カットしてもそこまで面白さや感動がスポイルされないようならば、31枚に再編成するかもしれませんが、それもこれもT君の下書きが郵送されるのを待つしかありませんね。

不確定性原理と調査捕鯨

 今日とうとう海で活動する環境保護団体シーシェパードに、オーストラリアの現地警察の捜査が入り、パソコンなどが押収されたそうです。しかしシーシェパードの代表は、「今回の反捕鯨活動は大成功」であるとし、「次はクロマグロだ!」と全国大会に向けて決意を新たにするバスケ部のようにいきまいていました。
 これを受けて、オーストラリアの現地の人は「捕鯨はいけないけれど、シーシェパードのやり方はダメ」と冷静な反応なのが印象的でした。

 日本では「日本が行なっている捕鯨活動はあくまでも、科学的な調査捕鯨であって、商業的な捕鯨ではない。絶滅の恐れのないクジラをつかまえているから大丈夫」という主張なのですが、この日本の捕鯨に対する立場もなかなか厳しいものがあります。

 それは「科学的な調査は自然を変えてしまう」という「ハイゼンベルグ不確定性原理」が働くからです。この説はそもそも物理、量子力学の話で、量子の運動量と位置は同時には測定できない。測定に使う光の波長によって一方を調べると、もう一方の状態を調査に使う光が変えてしまう。という科学の客観的調査の限界を示した、重要な事例です。

 経済活動であろうが、科学的調査であろうが、良くも悪くも自然環境を変えてしまう。これは人類だって地球の一員である以上仕方がなく、こうなると何もできない、いや人類が絶滅するしか道はなくなるのですが、クジラを最終的に守るための調査捕鯨をやり過ぎて、たくさんのクジラを殺し(生物濃縮の度合い、その個体の年齢などといった詳細な調査はクジラを殺す必要があります)結局クジラがいなくなっちゃったら笑えません。

 捕鯨の問題は国際的な政治の話(そう言う科学者もいます。うちの大学の先生もそう言ってました)だけではなく、科学的な調査についてかなり考えさせるものがあります。
 調査の精度を上げるには、たくさんの標本を採取する必要がありますが、集め過ぎると環境を守るために行った科学的調査が、環境を変えてしまう。でも環境にほとんど影響を与えないように、ほんの僅かしか標本を採取しなければ、環境の全貌が分からない・・・
 主観や想像でなく、具体的で客観的なデータを重視する科学において、この本質的矛盾はたいへん重要だと思います。(さらに複雑系では、ほんの僅かな振る舞いが環境に大きな影響を与えることもあるそうで・・・もう何も出来ない!)

 日本の調査捕鯨の正当性の根拠となっているのが、国際捕鯨取締条約の第8条らしくて、これは国際捕鯨委員会の加入国は、自分たちの国が妥当とする調査捕鯨を行なう事が出来る、という内容なんですけど、日本はこの第8条の下、オーストラリアの方に行ってオーストラリアの経済水域内のクジラを捕獲、調査の後は食料などの資源に「ジャパニーズもったいない」の精神で利用しているので、オーストラリアにしてみれば「なんだこの国」という気持ちもわかります。
 
 いくら調査とは言え、あちらさんのクジラをつかまえるのですから、オーストラリアがダメと言ったら、交渉によって捕獲数を大幅に下げるか、中止するかすべきなんじゃないか、と思います(ただし南極の海はオーストラリアの経済水域ではないからOKという議論もあり、領土問題も絡んで入り組んでいるようです。南極条約です)。
 なぜか捕鯨問題に関しては、日本って強気で二国間のコンセンサスの下に妥協するっていう発想がないような気もするのですが、それは捕鯨を伝統文化と考えているからなのかな?
 日本の排他的経済水域内のクジラだったら、別にいいんだろうけれど・・・科学は国境を超えるって言っても、それで国際摩擦が発生してギスギスするのはなんか違うと思います。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
Calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269