西洋美術史覚え書き①

 一度に覚えられないんで、今回はルネサンス以前の美術史にしぼってみました。

有史以前
ストーンヘンジ
ラスコー洞窟画

メソポタミア美術
メソポタミア文明は人類最古の文明と言われる。地理的には現代のイラクで、北がアッシリア、南がバビロン(北:アッカド、南:シュメール)様々な国ができては滅んだ。
・楔形文字
・有翼人面牡牛蔵(アッシリア)
・ダレイオス王の謁見の浮き彫り(アケメネス朝ペルシャ)

エジプト美術(紀元前3500年~)
・ピラミッドや浮き彫り
・ツタンカーメンの黄金のマスク

クレタ美術(~紀元前1700年)
クレタ島に栄えたミノア文明の芸術。青銅器。
徹底した自然主義。開放的な建築物。
・クノッソス宮殿

ミュケナイ美術(紀元前1450~紀元前1150
ギリシャにあったミケーネ文明の美術。自由だったクレタの建築に比べて閉鎖的かつ形式主義的に。
・獅子の門
・アガメムノンのマスク(シュリーマンが発見)

ギリシャ美術
①アルカイック朝(紀元前700~)

左足を前に出し体重を両足に均等にかけ、気をつけをしている青年の裸の立像(クーロス=「青年」の意)が作られた。静的なシンメトリカルな彫刻の姿勢はエジプト美術の影響。服のシワが直線的。
・青年像
・少女像

②クラシック朝(紀元前450~)
・パルテノン神殿
・ヘルメス像
アルカイック朝よりも動きのあるポーズ(コントラポスト)の彫刻が作られる。体重を支える支脚と遊脚が区別され、体中線がカーブを描く。

③ヘレニスティック朝(紀元前300~)
美術が大衆化し、古典主義の伝統が途絶える。
・瀕死のガリア人(うなだれている青年)
・ラオコーン(ヘビに噛まれている奴)
・ミロのヴィーナス
・円盤投げ
人間の躍動感や生命感の表現に挑戦。

エトルスク美術(紀元前8~1世紀)
イタリア半島にあったエトルリアは古代ギリシャと同時期にあった都市国家文明で異なる文化を持っていた。
女性の地位が高く、女王もいた。ギリシャ神話を誤解。
ギリシャ文明が人間中心だったのに対してエトルリアは自然との共生を表現していた。
高い建築技術はローマに受け継がれた。あとテラコッタ(焼き物)がうまい。
・雄牛の墓、鳥占い師の墓、オスライオンの墓(墓室の空いたスペースに動物や木の絵を描く)
・アレッツォのキマイラ
ローマ侵攻によりエトルスク語は死語に。

ローマ美術(1世紀~)
もともとローマはエトルリアの影響下にあったが、その後戦争を繰り返したことによって、大量のギリシャの美術品が流入し影響されていく。国家が巨大だった分、様々な芸術の影響を受ける。
風景画的な神話画、巧みな土木建築技術。
実在の人物の業績をたたえた肖像彫刻も多い。現実的かつ写実的な表現が特徴。
ローマ共和制時代では、ろうで名家は肖像を作った。
・カストールとポルクス(ギリシャクラシック期の彫刻家プラクシテレス的な、優美なS字カーブを描く彫刻)
・アウグストゥス立像(ナイトミュージアムのあいつ)
・コンスタンティヌス大帝肖像
・スキピオ将軍像(表現がエトルリア美術っぽい。頬の傷やオデコのタンコブまでそのまま再現)

初期キリスト教美術(1~5世紀)
最初期は教義をメタファーにした美術作品を作っていた。
徐々に教会の体制が整うと聖書の物語をベースにした絵画を描くようになる。
ちなみに、描かれた人物が識別できるように一緒に描かれるアイテムをアトリビュートという。
・星空に輝く十字架とこれを拝する使徒たち(聖堂に描かれたモザイク画)
・カタコンベ(地下墓地)のフレスコ画(壁の漆喰が乾かないうちに水彩絵具で絵を描く絵画技法)

ビザンチン美術(5世紀~15世紀)
ビザンツ帝国(東ローマ帝国)の美術。
ローマ帝国の首都をトルコに移したコンスタンティヌスがキリスト教を公認したことで、東方の初期キリスト教を基礎とした美術ができる。
聖像破壊運動によって聖堂などは現代ではほとんど残っていない。

ロマネスク美術(11世紀~)
教会の壁や天井に力強く聖書の主題が描かれる。文字が読めない人にもキリスト教を布教する役割を担う。
この時期の教会堂建築は、重い石造り天井を厚い壁で支え、半円状のアーチを多用する。窓を小さく作り、内部は薄暗くすることで、神秘的な雰囲気を出した。
建築装飾以外で独立した彫刻作品はなかった。

ゴシック美術(12~15世紀)
ゴート(ドイツ)風という意味の、ローマに比べて劣った暗黒時代の芸術・・・とされてきたが後に再評価される。写実表現。
力強い神よりも優しい聖母をモチーフに好んだ。大聖堂のステンドグラスが秀逸。
・ノートルダム寺院
・シャルトル寺院
・ケルン本寺
・コンスタンティヌス凱旋門(ローマにある。フランスのじゃない方)

おおかみこどもの雨と雪

 「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆」

 じゃあわたしが「おかえり」って言ってあげるよ。

 100年に一度の傑作と言われるアニメ映画。そんなこと言われちゃったら見ないわけには行かない!

 これもマダガスカルと似ていて、考えるよりも感じるタイプの映画。ぶっちゃけ話の筋はかなりストレートで、アニメが得意としがちなカリカチュア、フィクション性を一切切り捨てて徹底したリアリズムをやろうとしているようにも思える。なにせ鬱陶しい虫まで描いているのだから!

 この映画はもしかしたら絵で実写ドラマをやっているのかもしれない。じゃあ逆にこの映画が実写でもよかったかというと、多分良くないと思う。
 だっておおかみおとこが宮崎駿の名探偵ホームズみたくなるシーンは実写の特撮やCGではジュマンジみたくなって絶対キモいだろうし、その体で人間とおおかみのベッドシーンはいろいろ厳しいと思う。

 とはいえ、もし現実にオオカミと子供のハーフが作れて、そういう半妖みたいな子供を女子大学生が身ごもってしまったら?という荒唐無稽な話を、ここまである種のリアリティを持たせて描いたのはすごい。
 「あのお母さん怪しいぞ」って児童相談所の職員がアパートに押しかけるのとか、考えてみればそりゃそうだよなあってwのび太がフタバスズキリュウをもはや都心で育てられなくなった状況に近い。

 でも、この映画って『(500)日のサマー』のように12年に及ぶ子育て生活を淡々と観察日記のように描いているんだけれど、結局何を伝えたかったのだろう?
 なんでオオカミ?なぜ富山?人間の子供じゃなくて、おおかみこどもの子育てという設定をあえてやった意味は??価値観が多様化した現代、どんな人も世間様には言えないようなコンプレックスや秘密を抱えていて苦しんでいるってこと?

 いや、実は明確なテーマなんてなくて、観客がそれぞれ映画から何かを感じ取ればいいのかもしれない。確かに子育てを経験したお母さんは泣きそうな内容なのかもしれないし。夫に先立たれて富山で自給自足生活をやらなくても子育てって相当エネルギーがいるらしいから。
 私はこの映画あれに似てると思った。小田和正の『言葉にできない』が流れる富士フィルムのCM。まさにこの映画は言葉にできない。まいったなあ・・・

 ええと、でも作劇構造的には結構よくできてて、ナドレックさんも指摘していたけど、明確な三幕構成になっている。
 第一幕が女子大学生と狼男との出会いと別れ。第二幕が新天地での生活。第三幕で視点がおおかみこどもの雨と雪に移って、彼らの選択。
 この幕から幕への移るタイミングがちょうど映画に飽きかけてきた時にやってくるから、最後までなんだかんだで見れてしまうのがうまい。
 最初は映像が癒し系でほわ~んって感じで見れるんだけど、話自体が単調だから眠くなっちゃうんですよw
 で、これ以上やられると退屈だなあって時に、旦那さんがゴミ回収車に入れられちゃったり、田舎の人が世話を焼いてくれるようになったり、主人公が山で遭難したりとちょっとした変化を入れてくれるから、細田監督、ギリギリ飽きさせない時間配分はうまいのかもなあ。

 あとこの三幕構成、なんでわかりやすいかって、花と雨と雪以外の脇役キャラが幕によってみんな違うんですよね。 
 第一幕は旦那さん(大沢たかおさん、声が上手い)。第二幕は韮崎のじいさん。第三幕はキツネの先生と転校生の草平くんって感じで。
 第一幕は舞台が違うからともかく、第三幕で第二幕の登場人物、農家の人たちやご近所さんを出さないのとか印象的でした(韮沢さんは亡くなった?)。もう物語の主役はお母さんじゃないってことなんだろうな。

 あと第二幕と三幕で雨と雪の成長が交差するのとか面白いですよね。男の子と女の子の成長パターンの違いというか。
 第二幕では姉ちゃんの方が野生児で(←顔がルパン三世)、弟はインドアって感じがしたけど、第三幕で弟がいつの間にかワイルドだろ~?になってて、姉と弟が幼少時の印象と全く逆な道を選択するのとか、子育ての予測不可能性みたいなものが出ててなんかリアリティがありました。
 男の子って中学生に入ったときは鼻たれて「うんこ~」とか言って馬鹿なんだけど、中2中3くらいになると急に無口になって男らしくなるんですよね・・・って雨くん10歳だった。

マダガスカル3

 祝!映画感想記事100本目!

 「面白い度☆☆ 好き度☆☆☆☆ なんか楽しい☆☆☆☆☆」

 今のは入場料分にはなっただろ。

 ドイヒ~な映画。もう構成も雑で展開も荒削りで、ぶっちゃけなにがなにやらわけがわからないんだけどなぜかメチャメチャ楽しい。※とにかくやかましい。

 NHKの日曜の朝好きで見てた「ザ・ペンギンズ from マダガスカル」を尺を長くして映画サイズにした感じ。似たような動物捕獲に異様な情熱を燃やす人間が出てくるし・・・
 しかしペンギンズってマダガスカル本編でもチート的な強さだよね。ここまで主役のアレックスたちを食っちゃってたっけ?
 とにかく3はペンギンズが大活躍。ペンギンズがある種のデウスエキスマキナになってて、展開がやばくなったらとりあえずペンギンズ感がすごかった。
 もう自動車は出すわ、金はあるわ、戦闘力ハンパないわでドラえもん状態。

 まあ、なんだ。アニメって基本的に絵の動きの面白さで見せる媒体だから、話の理屈とか出来とかよりも動きが楽しかったらそれでいいのかもしれない。
 その点クライマックスのサーカスのシーンは、本当シルク・ドゥ・ソレイユみたくて圧巻だったし、圧巻過ぎてよくよく考えるとあいつらなにをどうやってるのかよくわからないんだけど、なんかスゴイ芸的なものをしているのはわかる・・・いや「感じる」と言ったほうが正確か。
 よく分からないまま、動きの凄さとむちゃくちゃな展開でゴリ押しされた感じです。

 ぶっちゃけ話の筋とか語りようがないので、ここからはキャラごとの感想を。

「アレックス」
 ニューヨークの動物園のスターだったライオン。声をイケメンの玉木宏さんがやってるんだけど、これによってアレックスはあんまギャグキャラって感じがしない。英語版ではあのベン・スティラーがやってるから英語版の方が面白いキャラなのかなあ?
 なんにせよギャグアニメにしてはけっこうニュートラルなキャラ。ちなみに玉木さんの声の演技が下手というわけではない。むしろうまい。が、このキャラはやっぱりちょっと違うのかも…

「マーティ」
 柳沢慎吾さんのはまり役wつーか最近の芸能人の声の出演ってけっこううまいよね。
 メインの4頭の中では一番バカ。わかりやすいコミックリリーフでアレックスはどっちかというとツッコミ役かなあ。
 シマウマといえばあの特徴的なモヒカンのようなタテガミ。あれが再現されているのが嬉しい。

「グロリア」
 気立てのいいメスカバ。キリンのメルマンとどういうことか付き合っているw高島礼子さんも声優うまいよなあ。

「メルマン」
 とぼけたキリン。こいつの首はどうなってんだwバグズライフのナナフシに役どころが似ている・・・気がする。

「キングジュリアン」
 マダガスカルの王様。つーかおぎやはぎの小木さん超うめえなw普段のローテンションからは想像もつかないほどテンションの高いギャグキャラ。
 今作ではサーカスのクマとローマを駆け落ちする!もうそのシーンがバカバカしくて最高wドゥカティが出てくるところで撃沈してしまった・・・

「モーリス」
 キングジュリアンの腹心。3ではキングの死を喜び、生還を悲しんだが、スピンオフ作品「ペンギンズ」では、なんだかんだで腐れ縁なのが描かれている。かといってモーリスがキングを心底尊敬しているかはかなり怪しい。2匹の関係は、わがままなのび太に愛想を尽かしたドラえもんが未来に帰るのと似ている。

「モート」
 萌えキャラ。でも今回あまり活躍の場がなかったなあ・・・つーかキャラが多すぎるんだよw「ペンギンズ」では新人との絡みが多い印象。

「隊長」
 残念ながらアンタッチャブルが降板し、ザキヤマから「ペンギンズ」でも声をやってる飛田展男さんにバトンタッチ。
 マダガスカルシリーズのデウスエキスマキナ。こいつなしではアレックスたちは何もできないのかもしれない。相変わらずペンギンズは独自の間とか世界観を持っていて楽しかったなあ。

「コワルスキー」
 サル動力飛行機とカーチェイスのシーンで多少喋ったくらいで、そこまで知識をひけらかすシーンはなかった。キャラが多いから・・・(2度目)

「新人」
 これもアンタッチャブル柴田さんじゃなくなってしまった・・・新人もほとんどしゃべるシーンがなかったんだけど、彼の進学費でサーカスは買収されたらしいwちなみに本作では彼の独特な「~ッス」の口癖が聞けなかった・・・

「リコ」
 口からなんでも出すイカれたペンギン。TNT大砲のシーンでちょっとだけ出てくる。キャラが多いから・・・(3度目)
 
 しかしこれ、もう全然マダガスカル関係ないよねw最後のデュボア警部のコンテナの行き先くらいかな?

『走れシンデレラ』が公開されなかったわけ

img130.jpg

 サイトオープン時から「なんで走れシンデレラは読めなくて続編のイッツアドリームワールドだけ読めるんだ」と突っ込まれていたのですが、その理由はそもそもこのサイトがリア友に向けて作ったもので、友達にまだ見せていない作品から順に公開していこうということだったので、大体の友達が既に読んでいる『走れシンデレラ』は別にいいかな、と後回しにしていたのです。

 そして時は流れ、ええと何年目になるんだろう?3年くらいかな、まあいいや、そのまま『走れシンデレラ』はサイト未公開作品として闇に葬られたのです。
 というかこのサイトに漫画をアップするのってすっごいしんどい。html書いて、スキャンした画像の縮尺率とコントラストを調整して、あまりに汚いフキダシの字(ほとんど)は写植をうっているわけで、膨大かつ単純な恐るべき作業。
 昔はサイト内のコンテンツを増やすので必死だったので100枚以上もある作品も載っけてたんですが、最近はたった27枚の『チンコ伝説』で青息吐息ですよ・・・衰えた・・・

 でもこのサイト、いつになるかはわからないけれど最終的には全てのマンガをアップロードしたいな、という気分になったので、一番リクエストの多い『走れシンデレラ』をアップすることにしました。
 なんでそんな気になったかというと、私ツイッターでボット作ったじゃないですか、私が今まで描いた漫画のセリフをつぶやくというまったくもってローカルなボットを。
 それに使うセリフを確認するために、今まで描いた漫画を昔のやつから何からあるものほとんどに目を通したんですよ。
 そしたらまあ絵が下手すぎて凹みはしたんですが、中学高校のノリはノリでなかなかハチャメチャでこれせっかく描いたのに勿体無いなあって思ったんですよ。絵は小学生だけど。
 で『走れシンデレラ』もそもそも高校生の頃に考えたお話。懐かしいなあって感じでちょっと愛着がわいてきたんですよね。

 それと『走れシンデレラ』の公開を見送っていた理由はもうひとつあって、こっちの方が大きい理由なんですが、続編の『イッツアドリームワールド』のページ数が100枚という、短編らしからぬ長さになっちゃったじゃないですか。
 その一作目がたった40枚そこそこの短編じゃシリーズもののとして釣り合いが悪いなあって感じで、もしアップする時が来たら『イッツアドリームワールド』くらい、まあ100枚いかなくても、80枚前後は欲しいなあと思ってボリュームアップ計画を密かにねっていたんです。
 
 で、機は熟した。というか気が向いたw

 この『走れシンデレラ』って実は何回も絵を描き直していて(完成原稿は2パターンある)、短編作品にまとめるためにけっこうシーンを切り詰めていたんですよ。泣く泣く。
 でも、今回は逆に二倍近くに引き伸ばさなきゃいけないから、そのやりたかったけど見送ったギャグとか展開を入れて(例えばブティックのシーンとか)、で、その追加シーンによって主人公のユッキーが短編漫画ありがちなチェスのコマではなく、けっこう生き生きとしたので、これはいいなあ、と。

 ということで明日から夏期講習なんだけど来月から一日少しずつボリュームアップした『走れシンデレラ』のネームをサイトにアップロードしていきます。
 アドレスはいつものようにこちらから!

戦火の馬

 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」

 国に戻るには戦地の上を飛ばねばならん。苦しみと恐怖の上を。それ以上勇敢なことってあるか。

 スピルバーグ監督の悲しくも心温まる戦争映画。私はもちろん戦後生まれなんだけれど、世界大戦の最中に生まれなくて本当幸せだったと思う。
 もちろん今でも世界中で虐殺や紛争、飢餓は続いていて世界は不平等極まりないとは思うけど、そういった人と人とが争う恐怖や悲しみを実際体験しているのとしていないのとではやっぱり説得力が違う。

 スピルバーグ監督は世代的には戦争に参加して戦ったわけではないけれど、親や先生といった周りの大人はやっぱり戦争を知っていて、オレたちユダヤ系はドイツにひどい目にあったんだよとか絶対に聞いているから、ああいったものが作れるのかもしれない。
 戦争の悲惨さも知ってるし、矛盾しているけどあの手のミリタリーも結構興味があるんだと思う。つーか無邪気に好きだと思うw

 よく深夜アニメで「近未来、世界戦争が始まり日本は滅ぼうとしていた・・・!」みたいなのがあって「リアリティがない」とか「キャラクターがバシバシ死んでいって感情移入できない」とか叩かれているけれど、違和感があるのは日本で今どれだけの人が戦争というものを知っているのかということ。
 私だって戦争知らないけど、普通に考えて戦争を題材にしていて人が死なないのはやっぱりおかしい。

 その点スピルバーグ監督は戦場の生々しさを撮るのが本当にうまくて、兵士がバッタバッタとあっけなく死んでいく。
 キャラとか感情移入とかじゃなくて、もっとメタ的に戦場を見せてしまうから、見ているこっちはゾッとするわけだ。
 「ああ、戦争って運のないほとんどの人は、こうやってあっけなく死んじゃうんだろうなあ。自分がここで撃ち殺されて戦況は何か変わったのかな。無駄死になんじゃないのかな。だったらこの塹壕から這い出てすぐに撃たれるこいつはヤダなあ」とか考えると、すっごい虚しさを感じる。この手の虚しさはたけし映画を見た時にも感じるんだけどw

 「人は本当にあっけなく死ぬ。昔はよく道端のドブで死んでた」てたけしさんは言うし、「キミたちがこれから出ていこうとする社会はもしかすると戦場よりも厳しいところかもしれない」って金八先生は言うし、「格闘ゲームのノリであんなふうに人間を蹴ったら肋骨が折れて死んでしまいます」って水谷先生は言ってた。

 だからこんなものを考えちゃうと、もうテレビゲームなんかのんきにやれないよね。虫けらのように湧いて出てくる雑魚キャラの一人がもし自分だったら冗談じゃないって思っちゃう。実際自分がクリボーでないと誰が言えるのだろうか?
 今は逆にテレビゲームを使って兵士の感覚を麻痺させたりもするくらいだから倒錯しているなあとも思うけれど。でもイラクの人はゲーム感覚で殺されていることになる。

 とまあ、そんな感じで戦場の恐怖を撮るのがうまいスピ様なんだけど『プライベートライアン』などに比べてそういった陰惨なシーンは控えめ。
 いや充分怖いシーンはあるのですが、そんな恐怖の戦場の中でも、馬をきっかけにハートウォーミングなヒューマンドラマがしっかり描かれる。
 ただ、決してこの映画の馬「ジョーイ」も「平和の象徴」とか「人々に笑顔を与える天使」とかそんな機械仕掛けの神様じゃなくて、いち馬として戦争に巻き込まれるただの動物キャラに過ぎないんだけれど、それでも戦場にほんの小さな奇跡を起こす。
 
 この映画がハリウッドで一般的な戦争アクション映画と一線を画するのは、連合国=善、同盟国=悪といった単純な勧善懲悪ものにするのではなく、かといってガンダムの少佐のように敵キャラにも魅力を持たせるのでもなく、イギリス兵も敵のドイツ兵も(あと馬も)実際はただの普通の人なんだよって描いている点。
 自分が大学時代に論文で調べたH・リードって人は青年時代、この映画のように第一次世界大戦に出兵した経験があって、詳細に手記にまとめているんだけど、読書マニアのリードさん、ドイツ人の捕虜にミーハー丸出しでニーチェのこととか聞いていたらしい。
 ただ普通は戦時中敵国の人と仲良く会話することなんかはできない。なにかの罠だと疑われて殺されちゃうかもしれない。人は真に立場や役割からは自由になれないからね。

 これはなにも戦争までいかなくても、社会に出るとみんなそれぞれに立場というものがあって、実際は100%同意していないけれどそうせざるを得ないということがある。
 若い人はよく「大人は嘘つきだ!」って言うけれど、嘘の一つや二つつけないようじゃ世の中わたっていけないんだと思う。
 で、今一番厄介だと思っているのが、みんな自分以外の他人の立場にはなんも興味がなくて、他人には正論や清貧を強いているように見えること。
 書生論で飯を食っている評論家や作家とかが言うならまだわかるんだけど、一般の人も自分を棚に上げて相手に完璧な人間を求めていることってよくある。
 それがある許容値を突破した時に戦争って起こるのかもしれないなあ・・・

 最後に一言。あの農場の凶暴なアヒルデニス・ミューレンのCGだろw
Calendar
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275