プレデターズ

 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆」

 そこまでして生き延びたい?

 シンプル・イズ・べスト!ひねりにひねってコブラツイストの弓矢固めだった『ソルト』を見た後だったからかもしれませんが、この単純な物語の展開は潔さすら感じます。面白かった!
 『ソルト』や『ヒックとドラゴン』のように変に物語の背骨に矛盾や突っ込みどころを抱えちゃうよりも、あまり脚本で無理をせずに安心して物語を追える『借りぐらしのアリエッティ』や『プレデターズ』のほうが私には好みかな・・・ってアリエッティとプレデターを同列に語るおいら。

 よく「3まで作る映画にろくなものはなし」と言いますが(って岡田斗司夫氏が言っているだけ?)実はB級モンスター映画のトレマーズなんかは、物語の舞台を現代から西部開拓時代に移しながらも、物語の馬鹿馬鹿しさを上手くキープして、最後には嫌な奴だったはずの主人公を好きになってしまう素晴らしい続編を送り出しています。
 そしてその「3まで作ってもクオリティが落ちなかった伝説」にこの『プレデター』シリーズも加えてやってもいいのではないでしょうか?
 そもそも初代からB級テイストだったこの映画。「クオリティをキープって言ったって元のクオリティがそこまで高くねえよ!」という意見もありそうですが、なんだかんだでテレビでやってたらついチャンネルを変えずに見てしまう魔力を持っていますw。

 さて『プレデターズ』って言うから、プレデターの母星に行ってたくさんのプレデターと戦う話かと思ったら、この星はプレデターのシーズンキャンプ場みたいなところで、プレデターも三体しか出てこない。これが意外だった。私何十人も出てくるのかと思ってたよ。
 その三体が『1』『2』で戦ったタイプのプレデターではなくて、もっと強い(らしい)上位プレデター。
 シュワちゃんと戦った初代プレデターは『ジュラシック・パークⅢ』のティラノサウルスの如く、上位プレデターの咬ませ犬に・・・
 あんな強かった初代プレデターが歯が立たない上位プレデターってどれだけ強いんだ?オラわくわくするぞって見てたら、なんとジャパニーズマフィアYAKUZAと同等の戦闘力。上位プレデタ―が弱いのか?それともやくざに日本刀は無敵なのか?刺し違えちゃったけどね。
 とにかくこの日本のやくざがすごい異色で、一人だけ背広着て星にいるんですよ?その絵がシュールで爆笑。また、ず~っと一言もしゃべらなかったのに、終盤日本刀を見つけて最初に言うセリフがこれは素晴らしいw。いちいち笑わせてくれます。

 この映画の登場人物はみんな、地球ではプレデターと変わらない殺しのプロってことだけど、全員が冷酷で残忍な性格ではないのが良かった。意外とすぐに助け合ってるw。
 なかには死刑二日前に運よく(?)プレデターにさらわれた陽気なレイプ犯とか、異常者もいるんだけど、ガトリング砲を装備したロシアのおじさんや、前述の日本のやくざなんかは仲間を見捨てずに、自分の命を捨ててプレデタ―を始末する大活躍。ええ人や~・・・(やくざはちょっと強者と一対一で真剣勝負したかった気もするけど、それはそれでかっこいいぞ)
 ええ人(?)といったら、主人公を地球に帰そうと宇宙船を(あっさり)起動してくれた初代プレデターもすっごいいいやつだったのに、上位プレデターに斬首。むごい・・・

 逆に主人公の傭兵ロイス(最後の最後で名前が分かるw)は、自分が生き残る為なら手段を選ばないリアリストなんだけど、だからこそこんな仕事やっても未だに生き残っているんだろうね。
 いくら強くても、いい奴だったら普通はすぐに殺されちゃうもん。卑怯な手を使ってくる奴ってたくさんいるだろうし。
 いい人といいプレデターは早死にする。それ自然の掟。

ソルト

 「面白い度☆ 好き度☆」

 次々に明かされる(聞いてない)新設定・・・!

 アンジェリーナ・ジョリー演じる「イヴリン・ソルト」っていうロシア女スパイの話なんだけど・・・なんだこれ・・・『インセプション』の三倍難しい。これ『サマーウォーズ』以来のすっごい難解な映画ですよ!

 とりあえず北朝鮮のシーン~CIAの取り調べ室までのシーンは面白かった。おおおっ女版インディジョーンズの次は、女版マスターキートンか!って。
 部屋にある日用品を使ってロケット砲をこしらえちゃうところなんてまんまマスターキートン。そういえばこの漫画に出てくるロシアの殺し屋「赤い風」なんかも、その場にある物(万年筆とか木の枝とか)を凶器にして標的を殺してしまう恐ろしい奴だった。

 今回は役作りなのか、ちょっと病的にやつれてしまった感があるアンジェリーナ・ジョリーだけど、それがスパイの過酷な任務によってゲッソリしているようにも見えるし、あのホオジロザメや爬虫類特有の意思のないビー玉のような目つきは不気味2000パーセント。怖い!夢に出てくるよ!

 そしてジョリーが『トゥームレイダー』以上に体張りまくり!どこまでスタントの人か分からないけど、のっけから北朝鮮の兵士に下着姿にされ、汚い地べたに倒されてボコボコ。
 左目なんて飛び出ちゃうくらいに腫れてて、アンジェリーナ・ジョリーの凄まじい女優魂を見た・・・!そして裸足でかけてくノーパンアンジー。
 ここまで女にやらせるか?って話だけど、ここまでやらなきゃ女スパイと言う設定にリアリティが出ないと思う。だからこのつかみのシーンは完璧だと思う。素晴しい!

 しかしラストまで見てこの映画の全体的な構造はかなりちぐはぐ。『ダイ・ハード4.0』でも思ったけど、この手のアクション映画って展開が早いから、すぐにクライマックス的なシーンが来ちゃって、それが終わっちゃうと映画の長尺を持たせるために、また新たな展開を継ぎ足さなきゃいけない。
 イメージとしては未完成のプラレールのレールを電車が脱線する前に、ボンボンつなげていく感じだ。
 だからイブリンの立ち位置も石油会社の社員、CIAエージェント、ロシアの殺し屋・・・とコロコロ変わって、結局こいつは何なんだ感がすごい。
 「謎の女イブリン・ソルト」って言えば聞こえはいいけど、本当に謎なものに人は感情移入はできないと思う。
 だから観客のほとんどはこの女を本当に応援していいのかふみきれない。だって数十分後にまた新たな設定が出てきて俺たちの信頼を裏切るんだものw。

 ここまで観客を翻弄したのならば、最後までロシアのプロの殺し屋としていってほしかったけど、結局ロシアの大統領も殺さず、核ミサイル求めてしまったソルト・・・さんざんいろんなものくすねたり、破壊したり、何人も怪我を負わせているんだから、もう今更正義のヒーローになっても関係ないよって感じだ。

 物語には大きく分けて二つのやり方があると私は思っています。ひとつは「感情移入型」。皆が好きになってくれそうな魅力のあるキャラクターを登場させて冒険させるやつ。
 受け手は映画のヒーローに感情移入して応援したりする。『トイ・ストーリー3』なんかはまさにこのタイプだ。だから皆で手をつなぐ焼却炉のシーンで胸を締め付けられる。

 もうひとつはなんだって言うと「メタ型」。受け手がその物語の世界の傍観者(=神の視点)となって、物語を冷静に追っていくタイプ。
 登場人物や物語にそこまでのめりこませず、観客に映画の構造を追ってもらうこのタイプで面白い話を作るのは、かなりテクニックがいるんだけど、たとえば『インセプション』なんかは、このタイプのよくできた映画だと思う。あの映画はいわゆる「感動」はない。でも実存主義的ななにかを強く感じる。あとは『告白』かな。そしてギャグ漫画って意外とこっちだったりする。

 じゃあこの『ソルト』はどっちかと考えると、この映画の構造上の失敗(?)がちょっと見えてくる。

 『ソルト』ってどっちがやりたかったんだろう?

 かっこいい女スパイが出てくるヒーローものなのか?それともソルトの正体を推理する観客とスタッフの知恵比べなのか?
 『ソルト』は尺を持たせるために後者でシーンをつないでしまったように思える。だからソルトはキャラクターとして立たなかった。いや意図的に立たせなかった。だって立ったらソルトは謎の女ではなくなるから・・・

 ・・・でソルトは結局何がやりたかったんだ?・・・いや分かるよ。ロシアのトップクラスの暗殺者として任務を遂行しようと、ずっとCIA職員としてアメリカに潜伏していたたんだけど、生物学者の旦那さんに情が移って、殺し屋から足を洗おうと思い立って、わざわざ危険を冒してロシアの大統領を暗殺する振りをして、ロシアの同志のところにいる旦那さんを助け出して、殺し屋やめようと思ったら、旦那さんがロシアの同志に殺されちゃって、一気に反ロシアになっちゃって、アメリカの危機を救おうと核ミサイルの発射を止めて、同じ境遇だったロシアの殺し屋を殺したんでしょ?ぜいぜい・・・

 あの映画でロシアの極右勢力は、親米のロシア大統領を殺し、アメリカのミサイルでイスラム社会を核攻撃し、アメリカをめちゃくちゃにしてやろうと企んだけど、ああいう過激な勢力は今もロシアに実在するらしい。NHKのドキュメンタリーでやってて驚いた。意外と若者が参加してるんだ。
 だからこの映画の悪役(及び主人公)もそこまでリアリティの無い話ではないと・・・思わないな。やっぱり。ごめんよ。

 最後に北朝鮮のシーンで感じたんですけど、日本ってCIAみたいな諜報機関ってないですよね。隠しているだけかもしれないけど・・・(その割に官邸の動きが鈍い)
 北朝鮮の拉致被害者の人を救出するために、日本のスパイを送り込むとかって作戦は立てられないのかな?そんなこと韓国なんかはやりそうだけど、北朝鮮には秘密警察とかがいてソルト並のスパイでもなかなか厳しいのか・・・(捕まってたし)

ゴルゴサウルスについて

 サイトのTOPイラストを更新しました。今回はゴルゴサウルス。一時期図鑑からその名が消え、「あいつ最近何してるんだろ?」と思っていたら2006年にひょっこり幕張に帰ってきた恐竜です。
 ゴルゴサウルスはグレゴリー・ポールの本ではアルバートサウルス・リブラトゥスとされて、同じ種類だったと思われていただけあって、ほとんどアルバートサウルスと一緒。
 ただ私の古いイメージでは、アルバートサウルスは小型で華奢な肉食恐竜、ゴルゴサウルスはティラノサウルスに大きさは劣るものの体格はティラノサウルスとあまり変わらないという感じで、これはまあアルバートサウルスすら載っていない昔の恐竜図鑑のゴルゴサウルスの絵による影響が大きいのですが、アルバートサウルスの一種がゴルゴサウルスに返還されるということはゴルゴサウルスもやはり華奢な恐竜として書くべきなのでしょうか。

 ただ2006年にやってきたゴルゴサウルスの未同定の骨格は、組み方のせいもあるでしょうけどかなりどっしりした感じで、華奢な感じがしませんでした。しかもけっこうでかいし。
 今回のイラストはアルバートサウルスとの変化をつけるために、このどっしりした未同定の標本を参考にしました。

 しかし今回のイラスト・・・濃い鉛筆を使いすぎたためか、絵が全体的に黒っぽくなっちゃってかなり失敗。
 なんとかフォトショップで白っぽくしてコントラストつけたんだけど、やっぱりエッジがなくボソボソした感じになっちゃった。
 うちのスキャナーはちょっと原版が白っぽいと、かなり白くとっちゃうし、逆に今回のように黒っぽいとその黒さを強調してとっちゃうんだよな。だから言い訳だけど、このゴルゴサウルス原版のほうが全然いい。
 次はもう少し薄いタッチで描いていこう。スキャナーはとってくれないけど。

 今回田渕さんがゴルゴサウルスに関する論文、フィリップ・カリー博士の「Cranial anatomy of tyrannosaurid dinosaurs from the Late Cretaceous of Alberta, Canada」(≒白亜紀後期のカナダアルバータ州産のティラノサウルス類の頭蓋骨の解剖)を教えてくださいました。ありがとうございました。

サイン・コサイン・タンジェント

 私、このトリオは和名がダメだと思う。全然名前からこいつらのイメージが喚起されない。

 正弦?余弦?正接??・・・ダメだ。文系人間なのか抽象的な言語すぎて好きになれない・・・(頭が悪いだけ)
 なんでこういう風に呼ぶのか説明している本はないかな?弦とか、おそらく円に関係しているんだろうけど・・・

 とりあえず直角三角形を書いて、底辺(高校では隣辺)、高さ(高校では対辺)、斜辺の三つの辺を考える。
 
 正弦(サイン)とは「高さ÷斜辺」のこと。ちなみに計算が面倒臭いので、「単位円」と言うのを使って斜辺の長さを1に統一すると、正弦はXY座標上では「y÷1」なのでyの数値(高さ)と等しくなる。

 余弦(コサイン)は「底辺÷斜辺」のこと。これは単位円上では「x÷1」でx(底辺)の数値と等しくなる。

 最後の正接(タンジェント)はちょっと変化球。「対辺÷底辺」のことで、単位円上では、斜辺(=単位円の半径=一次関数の比例のグラフ)の傾きと等しくなる。

・・・でこの三つはけっこう変形しても使うので覚え書き(三角形が共通な場合)。

サイン=対辺÷斜辺
対辺=サイン×斜辺
斜辺=対辺÷サイン

コサイン=底辺÷斜辺
底辺=斜辺×コサイン 
斜辺=底辺÷コサイン

タンジェント=対辺÷底辺
対辺=タンジェント×底辺
底辺=対辺÷タンジェント

おまけ:三角形が直角三角形なら、単位円を使ったサインコサインの表と、比の計算を使って出せるんだけど、直角が無い三角形の辺の長さや角度を出す場合は正弦定理や余弦定理を使う。

①三角形の一つの辺と、その辺の両端の角度が分かっていて、他の辺の長さが分からない場合→正弦定理

②三角形の二つの辺と、その間の角度が分かっていて、他の辺の長さが分からない場合→余弦定理

③三角形の全ての辺の長さは分かっているんだけど、角度が分からない場合→変形した余弦定理

 こう考えると、三角形の角度を求めるのが一番面倒かも。角度が出せる③にいきつくには、①ないしは②で全ての辺の長さを出さないといけないから。例えば②の条件だけでは残り二つの角度は分からない。

三角比について

 「数学って人生に役に立たない」と言う人に対して「いや世の中が便利なのは数学のおかげだよ」って数学が好きなたけしさんとかは言うけど、ちょっと議論がかみ合ってないよね。
 数学って、確かに人類の社会(主に科学)には大貢献しているけど、一般人の日常生活にはあまり利用する機会がないんだよ。
 私ももう何年も高校の数学やってなかったから(って現役の時もろくにやってない)もう細かいところほとんど忘れちゃって、やばい。大雑把な理屈すら危うい。
 だから数学できる人って、つまりは日常で数学の腕を鈍らせないように、日々トレーニングしているんだよね。科学者なら計算も仕事のうちだから全然腕は鈍らないけど、問題は一般人だよね。
 毎日のトレーニングを怠ればすぐに筋力は落ちちゃうのと一緒で、プロでもないのに教養として高校数学をキープするのは相当すごいと思う。
 専門家でさえ日常生活で数字(バーコードとか)を見たら暗算するようにしているらしい。そうやってトレーニングのチャンスを捻出しているわけだ。

 ・・・で二年ぶりに三角比教えなきゃいけないんだよ。これは厳しい。私の生活で三角比を使う機会は全くない。
 だから正弦定理と余弦定理の公式が、さも自明の理のようにテキストに書いてあってもなんで?状態。
 おそらく学生の人も「なんでこういう公式なの?」って質問してくるだろうから、自分なりに証明ができるように勉強中。正弦定理はOK。余弦定理はもう少し解り易く説明できないとダメ。

 とにかく中学校の三角形の合同条件、相似条件をふまえて説明すれば分かりやすいということとなった。
 あれはつまり、角度と辺のある程度のデータがそろえば、残りの分からないデータも、分かっている数値から導き出せるってことで、三角比の導入では幾何学のパイオニア「タレス」の逸話なんかを説明すると面白いかもしれない。

 多分タレス・・・だったと思うんだけど(えええ!?)、あの人はピラミッドの高さを三角比で計算したんだよね。ピラミッドってすっごい巨大だし、壁が斜めっているから高さが分からない。
 もしピラミッドが中空になってたら、内部の最上階から紐をたらしてその紐の長さを測ればいいんじゃないか?って思うけど、ピラミッドって細い通路といくつかの空間があるだけで、結構詰まっているイメージがある。
 これは私が図鑑から得たイメージだから、ピラミッド専門家の吉村先生とかは「いや意外と中空ですよ」とか言う可能性もあるけど、あんな重い石材で作っているから内部が中空だと崩れそうだ。

 ・・・まあいいや。とにかくピラミッドが立入禁止で、外からピラミッドの高さを調べる場合・・・ってそんな場合がないから私は数学ができないんだけど、とにかくそういう場合、タレスは数学ができるから、直角三角形の性質を利用するって考えるんだよね。
 例えばよくある例で「ピラミッドのてっぺんを見た時の目線と地面との角度」と「ピラミッドを見ている人のピラミッドまでの距離」をだせば「距離に占める高さの割合(タンジェント)」を使って「ピラミッドのてっぺんの高さ」が分かるというのがあります。
 もし目線の角度が45度で、距離が150メートルなら、タンジェント45度は1÷1=1だから、ピラミッドの高さは150メートルになる。

 ・・・とここまで考えた時、目線の角度ってタレスはどうやって出したんだ?って思ったんだけど、やっぱ天才はすごいね。
 目線の角度とかじゃなくて、を使ったんだよね。この発想がすごいよね。まずメジャーで測れる小さいものを用意して、その物体の高さと出来る影の長さを使って角度を算出して、相似な三角形ってことで、影の伸び率でピラミッドの高さを図ったんだよね。
 ただこれ影の伸び率って、時間が経つと太陽の位置と共に変わっちゃうから、超急ピッチで取り掛かったんだろうね。弟子集めてプロジェクトチームでも作ったんだろうね。それは楽しそうだな。
Calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270