ほぼ中立説について

 おさらい。

①中立的な遺伝子
 生存競争に有利にも不利にもならないので淘汰圧がかからない。中立的な遺伝子は遺伝子浮動(=ドリフト。どうでもいい中立的な遺伝子が“偶然”次の世代に伝わること)の効果が大きいので一般的に進化スピードは速い。

②どうでもよくない遺伝子(私が考えたので学術用語ではありません)
 その生物が生きる上で大切な機能を担う遺伝子。これが変異して機能を失えば生存競争に不利になりその個体は淘汰される。遺伝子浮動の効果は少ないので進化の速度は漸進的。

③ほぼ中立な遺伝子
 集団サイズによって①になったり②になったりする遺伝子。集団サイズが小さいと生存競争がそこまで厳しくなく淘汰圧が低いので中立的に振舞う。逆に集団サイズが大きいと生存競争が厳しいので、その遺伝子が弱有害な場合、淘汰される可能性がある。

分子進化時計
 アミノ酸配列の変化率はほぼ一定なことから(すなわち中立的)、異なる生物種のアミノ酸を比べて変化の度合いを調べれば、その二つの種類が分岐した時代が分かるという考え方。

元祖中立説
 元祖中立説の木村資生さんは、タンパク質の進化速度がこれまで考えられていた以上にとても速く、一世代あたりの突然変異の数がすごく多くなっちゃうことを発見した。
 自然淘汰にイチイチかかっていたらタンパク質の進化がこんなに速いはずはない。だからタンパク質の突然変異は中立的だとして「分子進化の中立説」を発表。

 元祖中立説は、進化の速度は中立的遺伝子の突然変異率と同じとモデルを単純化した。しかしこのモデルでは、タンパク質の種類によって進化のスピードが異なることを説明できない。
 たとえば血液を固めるフィブリノペプチドはイヌとウマではその材料(アミノ酸)の半分が違っているのに、染色体のクロマチン繊維を構成するヒストンはイヌとウマでもまったく同じアミノ酸配列だった。
 この事実はアミノ酸の変化率が一定だと言う「分子進化時計」の考え方と矛盾してしまう。アミノ酸が数珠つなぎになってできているのがタンパク質だから。

ほぼ中立説
 そこで「ほぼ中立進化説」では元祖中立説の中立な突然変異を「中立」と「ほぼ中立」の二種類に分けて、ほぼ中立な突然変異は場合によっては自然淘汰の影響を受けるとした。
 これによればフィブリノペプチドはドリフトの効果が大きくいろんなタイプが残ったけど、ヒストンはドリフトよりも自然淘汰の力が強く、他のものは厳しい戦いに敗れて姿を消すことになった。
 この違いは生物集団の大きさが大きく影響しているらしい。
 
 集団サイズが大きい・・・競争が厳しく淘汰圧が高い。ドリフトの世代効果は低い。進化速度は遅い。

 集団サイズが小さい・・・競争が緩く淘汰圧が低い。ドリフトの世代効果は高い。進化速度は速い。


 ちなみに提唱者の太田朋子さんによれば「中立突然変異のほとんどはほぼ中立」だと言う。確かにそうかもしれない。どのような突然変異が自然淘汰を受けるかは、その時代の自然環境や競争相手によっても違うから普遍的ではないのだろう。
 そうなるとごく僅かな「全く中立」としている突然変異も「ほぼ完全に中立」とした方がいいかもしれない。

過去を使って未来を中和

 vicさんの『ジュラシック・パーク』論を読んでいて、ふと思いついたことを。

 これは勝手な想像なんですが、原作者のクライトンさんがなんで恐竜を使ったかっていう理由が解った。遺伝子工学への警鐘だけなら別に恐竜じゃなくてもいいわけで。クローン人間の話でもいいわけで。ミュータントタートルズでもいいわけで。

 おそらく大むかしの動物である恐竜を使うことで、作中のテーマ進歩主義への批判を際立たせたかったのかな、と。
 進歩主義(=近代合理主義的な科学観)に基づけば「昔=劣っているもの」「未来=素晴らしいもの」というかなり直線的な価値判断になります。
 だから恐竜ルネサンス以前は恐竜を「今の動物よりも愚鈍だったから絶滅した」とバカにしていた。

 でも恐竜を実際に現代に蘇らせてみたら、今の動物と振る舞いはほとんど変わらず、むしろでかい分強かったわけで(人間を騙すほど賢いのもいた)人間を恐怖のズンドコにたたき落してしまう。
 vicさんが指摘する『ジュラシック・パーク』の過剰な恐怖演出は「昔=劣」とバカにする進歩主義の愚かさ?への皮肉かもしれない。

 これとは逆にマルカムは、80年代当時には素晴らしい未来の技術であるとされた「遺伝子工学」や「コンピュータネットワーク」をケチョンケチョンに批判する。そんな技術大したものじゃないと。ネットなんてまだ一般普及してない時代だぜ。なのにもう批判しているw。つええ。はええ。
 大体科学が進歩するにつれて生活が豊かになっていくならば、なぜ労働時間は現代の方が全然長いんだ、と原作では突っ込んでいる。

 この意見は別に『クレヨンしんちゃん モーレツオトナ帝国の逆襲』のように「だから昔は良かった」的なことを言いたいわけじゃない。
 じゃなくて「昔=劣っている」「未来=優れている」というのはかなり短絡的な価値判断だよって言うことを伝えたくて、進歩主義がバカにする「過去」を持ち上げ、進歩主義が素晴らしいとする「未来」を批判したんだと思う。これでやっと五分五分だろ、と。

 だから『ジュラシック・パーク』って昔も未来も今とあんまり変わらないよって言う、極めて構造主義的なテーマの映画だったように思える。
 う~んやはり原作小説は思想書としても面白いな。

水戸黄門  第27部 第6話 瞼の母がついた嘘 天童

 水戸黄門って天童が物語の舞台になると必ず変化球投げてくるのかな?

 私殺陣のない回って初めて見たよ!

 この回って悪役が出てこないんですよ。あれ~?40分になっても悪役が出ないなあって思ったら、格さんがKYな役人にこっそり印籠を見せて、ひそひそ声で「この紋どころが目に入らんか」って言って、おっぱらっちゃうだけw。
 
 お話自体は、息子と生き別れたおばさんが息子についたウソをつきとおすために、おせっかいやきな旅のじいが協力するって言う・・・まあベタな話なんですけど、貴重な回を見てしまった感じで満足。
 やっぱり佐野浅夫さんの御老公、あおい輝彦さんの助さんと、伊吹吾郎さんの格さんが私の中ではベスト配役。助さん格さんは御老公よりも大きくてガタイがよくなきゃ。
 あと飛猿いいね。弥七と違った雰囲気でニヒルでカッコイイ。萌え。

『トイ・ストーリー3』再視聴

 DVDで鑑賞。夏に映画館で見に行った時とまったく同じ感想なのが面白い。おんなじ所で笑っているし。
 渋い声のチャッターフォンはあの人だね。『ファインディング・ニモ』でギルの声をやった山路和弘さんだね。かっこいい。この人『ブラックホーク・ダウン』とかでも確か声をやっていて渋くてカッコ良かった。
 そしてチャックルズの「ロッツォか・・・いい奴だったよ・・・」は何度見ても爆笑。あんな笑える回想シーンはないよ。

 でもこれって映画館で3D眼鏡かけてみるよりテレビで2Dで見た方が、CGのすごさがわかっていいね。
 CGアニメってここまで進歩したのかってほどすさまじい。遠景の木の葉っぱとかすっごい細かいし、アンディのママの自動車のタイヤ周辺の泥や細かい傷とか凄い凝ってる。自動車自体はディフォルメしているのがみそ。

 そしてアンディのおもちゃもよく見ると『3』では塗装がはげたりしていてちょっとぼろくなっているのが切ない。
 スリンキードッグの耳の部分は革で出来ているっぽくて、そこが傷だらけになっているし、プラスチックでできたハムの鼻の角の所も同様汚れっちゃってる。
 特にレックスは首の可動部や歯の先端の白い塗装がはげていて、これはもうあるあるネタ。実際私のジュラシック・パークのティラノサウルスのアクションフィギュアも歯の先端は必ずはげるからね。遊んでいて絶対何かを咬ませるからw。でもこれってアンディが遊び倒したってことだからはげはおもちゃの勲章だよね。

 追記:スリンキードッグの耳は『1』から汚れていたw。さすがパイロット版から登場しているアンディのおもちゃの古株!
 サニーサイド保育園の監視役のおさるを倒すときに久々にウッディとのコンビネーションが見られて満足。

 こういうディティールの細かさにこだわりを感じるとともに、CGのクオリティの高さがうかがえる。こんなに質感ってリアルに出せるもんなんだって。
 あとポテトヘッドが10年間全パーツ残っていたっていうのは奇跡だよね。あれ絶対になくすよw。パーツが小さいし。

 とにかくプロってすごいね。何十人もの天才が集まって何年もかけるとこうなっちゃうのね。この100分に考えられない手間がかけられているんだなあって思ったら、漫画をやる気が出てきます。時間がかかるのは仕方がないんだ。
 特に特典映像でピクサーの出世ルートって編集作業なんだっていうのを知って、改めてシーンのつなぎ方って大事なんだって思った。
 私もピクサースタッフのようにシリアル食って頑張ります。

画風を統一できるのがプロ

 う~んブログに書きたいこといろいろあるんだけど、漫画を描いてて更新できない。

 今描いている絵と最初の方の絵が違ってきちゃってまいっている。漫画って同じキャラクターを同じ人だと分かるように描かなきゃいけないので死活問題だ。
 違う表情でも同じ顔だと分かるように描くのがかなり難しい。特にディフォルメされたデザインのキャラクターの場合。
 意外と写実調のキャラの方が統一して描きやすいんだよね。だからリアルタッチ(?)の『クオリア』や『80日間宇宙一周』はあまりこの問題はなかったんだけど。ちょっとは変わってはいるけど、そこまでってくらい。

 しかしなんなんだろう絵が変わっていってしまうってのは。「この絵が可愛い」って言うポイントが私は浮気性だから変わっていっているのかな?
 これについては、人間って機械じゃないから仕方ないよって言う意見もあるけど、そうなるとプロってすごいよね。プロの少女漫画家や萌え漫画家。
 機械的に同じクオリティの絵を量産するわけだから。可愛い女の子をデザイン統一しながら描いていくって相当すごいよ。
 私可愛い女の子描くのが得意じゃないってことがとっても良く分かった。KO氏降参します。無理。

 ・・・で昨日と今日は漫画を進めるのを中断して、前半のまだ女の子を描き慣れていない時(2004年にちょっと描いて放り投げた残骸)の絵を今の画風に合わせようと描き直していました。クレハがけっこう違うw!
 この作業は、この前descf氏が「ゼータガンダム」の新劇場版を見て、昔のセル画の画風と新しく描きおろした画風が違っていて違和感ありありで駄目だったっていう意見から実行したんだけど、これが精神的にかなりやばかったので、もうやめた。きりがない。物語を進ませます。
 こっからついに昔すっごいやりたかったけど画力がなくて断念した時計塔のシーンになる。このシーンを思いついて前後に辻褄合わせて話考えたのが、この『イッツアドリームワールド』だから。
Calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268