恐竜博2011

 行ってきました!今日は平日だけど同じ月に五週ある曜日だったので塾は休みだったんです。
 だから今回の恐竜博は結局一人寂しく見に行ったんですが(世は仕事)、やっぱり一人は辛いwすっごい他の客に絡みたくなる!
 んで恐竜について無知で頓珍漢な事言ういちげんさんに「これはこうですよ」とか話しかけ「何この人気持ち悪い・・・」ってなっちゃう気がする。怖い怖い!キモいキモい!

 んで、会場にいたのはカップル(※目に痛い)とおばちゃん、暇つぶしに来ていた大学生たちで、ちびっ子(家族連れ)はほとんどいませんでした。あと恐竜オタクも。すごいカメラで撮影していたのは一人くらいだったかな。
 しかしみんな律儀に奇麗に列を作って、骨格よりもキャプションをじっくり見ていて、そこに書かれている名前の確認作業になっちゃっているところ、なんか日本人ってどこまでも気まじめなんだな~って思いました。
 
 シルバーウィーク前半は、やれ恐竜博80分待ちだ、100分待ちだと混雑していたようですが、さすがは平日あっさり入場!
 大体ね、たかが石に100分も並んで観る価値ないと思うんですよwだからもし私が休日に行って、100分待ちとか言われたら、常設展示を見てガイドブックだけ買って帰ってきたと思う。
 あれ?でもガイドブックって特別展のショップじゃないと買えないんだっけ?かはくのミュージアムショップにも行っていろいろ本とか買ったんだけど忘れちゃったな。まあ最終手段として通販で取り寄せられるそうなので、いいんだけどw
 だが今年の恐竜博のガイドブックの装丁は過去最高にいいな・・・それに分厚いし(まあ毎年幕張のやつよりも厚いんだけど今回は特に)グラビアページも凝っていて素晴らしい。買ってよかった。

 今回の恐竜博で私が興味があったのは、何と言っても展示トップバッターのプラテオサウルスでしたね。キングオブ地味恐竜(…と勝手に思っている)プラテオサウルスって本当に魅力的に描くのが難しくて、骨格の写真片手に四苦八苦して、ギャラリーコーナーの復元イラストを描いたのですが、どうやらあれで間違ってなかったみたい。
 恐竜イラストの巨匠「山本聖二さん」はプラテオサウルスの尻尾の付け根を横幅のある感じで復元してて「げっオレ間違ったのかな?」って思ったんですが、しっぽの部分も横ではなく縦に平たく、グレゴリー・ポールの『恐竜骨格図集』通りみたい。
 あと手の指!あそこまで近づいて指の骨の数をじっくり確認できたのはよかった(変態だ!ここに変態がいる!)
 
 それとトリケラトプスの赤ちゃんの頭骨って初めて見た。なんか上顎とか目の周りの部分がレプリカ臭くて不自然な気がしたんだけど(やけにつるつる)、それでも目の上の角や襟飾りはあんな感じだったんだろうなって説得力があった。もしあんな頭骨だったとしたら、トリケラトプスベイビーは相当可愛いよ。
 それに比べてレックスベイビーのイジワルな顔つきと来たら・・・!映画『ロストワールド ジュラシックパーク』のベイビーTレックスは鼻づらが短くてラブリーだったけど、どうやら本物のティラノサウルスの赤ちゃんは鼻づらが長くワニのようだったっぽい。よくてコンプソグナトゥスレベルw

 私詳しくなかったんだけどトリケラトプスっていろんな年齢の骨格が掘り出されていて、トリケラトプスのホーンレットは幼少期はギザギザしていて、成長するにつれ三角形が鈍角になっていくそうだ。成長していくにつれホーンレットが徐々になくなっていくというのは、なんだろう、幼少期のみの防衛器官なのかな?
 その流れでホーンレットがほとんどないトロサウルスをトリケラトプスの成長しきった個体と位置付けたんだろうな。よって私のトロサウルスの絵は大ウソです。真に受けないで!
 トリケラトプス=トロサウルス説が出た時に「なんでホーンレットの無いトロサウルスがトリケラトプスと一緒なんだ?じゃあこんな奴もいたのか?」って描いた絵なので・・・

 ええと、他はなんだろうな・・・まあそこそこ良かった。

 ああ、そうそう、恐竜博と言ったら限定フィギュア。今回は何を血迷ったのかフィギュアをガチャガチャにしやがって、出てくるフィギュアをランダムにしちゃったんだけど(あこぎな!)、私ティラノサウルスとかトリケラトプスとかスピノサウルスとかメジャーな恐竜のフィギュアはもういらないんだけど、もう二度と立体化されないであろうマイナーなアンキオルニスのフィギュアがどうしても欲しくて、いい歳して再びガチャガチャやったんだけど、全然出ねえ!
 結局アンキオルニス以外の恐竜がステゴ以外全部出ちゃって、これはもう破滅のパターンだと思って泣く泣く諦めた・・・その内ネットオークションで売られるだろ。ちびっ子にとっちゃハズレのような奴だから。だって鶏だもの。

 しかし今回のフィギュアは国立科学博物館の真鍋先生が監修したらしいが、本当かよ~?ってクオリティのものがあるwお前だよアロサウルス!もう脚の骨の比率からして違うんだw
 でも全然期待してなかったトリケラトプスの出来は良かった。ティラノサウルス(羽毛ver.)もまあまあ不気味でよい。
 スピノサウルスは・・・もういいよ。もう休め。作るな。いらない。つーかお前会場にいなかっただろ。私の中で恐竜2009の限定フィギュアのスピノサウルスさえあれば、スピノのフィギュアはもういらないと思っているから。あれがもうスピノフィギュアでは最高だと思う。
 
 恐竜博の後はちょっと時間があったので常設展示をうろうろ。そういや常設展示で生物の系統分類樹が円形の床に書いてあって、その系統樹の枝が周囲のガラスケースに伸びていって、そこにそれぞれの分類群の剥製が入っているという、超ハイセンスな展示が新館にあるんだけど、これの微生物の展示がすっごいよかった。
 今までは脊椎動物の剥製とかに目が行ってたんだけど、原生生物界とか菌界とかの肉眼で見えないような奴はまず剥製が作れないから、目に見えるサイズの逆ミニチュアを作って置いてあるのよ!
 このプラスチック製のミニチュアがまたよくできていて、すっごいはまってしまった・・・ミドリムシとか15センチくらいの模型になってんだよw笑うっしょ?
 ホコリカビとかも良かったなあ・・・これは今日の新たな発見だね。「かはく」はとにかく展示数がすごいから行く度に新たな発見があって面白いです。

英国王のスピーチ

 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」

 偉大な人物になれる男だが私に反発している。

 偉大な人物になりたくないのよ。あなたがそう願っているだけ。


 自慢だけど私って高校の頃一期だけ生徒会長をやっていて、全校生徒の前でいろいろスピーチする機会があったのですが、人前で話すのって場数を踏めば別に全然慣れちゃうもので、私は一度もカンペを見て喋りませんでした。ほぼアドリブ!
 で、これは仕事によっちゃ悪い例だと思う。最近政治家の失言が多いけど、あれも人前で話すのに慣れすぎて、自分の立場を一瞬忘れちゃうのだろう。

 この映画で吃音に悩む英国王ジョージ6世(元ヨーク公アルバート王子)はこれとは間逆。幼少期の厳しいしつけで、自分に自信が持てず失敗を常に恐れているようなところがある内気な彼は、兄貴がエロすぎたことから突然英国王を引き継ぐことになってしまう。
 失敗を過剰に恐れるこの人が、こんな立場にいっちゃったのだから、心中察して余りありますよね。まあそれが逆に責任感のある立派な善良王になれたのかもしれないけど・・・

 王室は生けるものの中でもっとも卑しい存在になった。我々は役者になったのだ。

 と、作中先代の王が王族の役割の変化をアルバート王子に説教するシーンがあるのですが、確かにラジオやテレビの出現以降、大衆に積極的に語りかけるリーダー像がもてはやされるようになったよなあ。
 ぶっちゃけジョージ6世はヒトラーの演説の映画を見てこいつうまいなあって羨ましがっていたほど。でもヒトラーの演説だけがスピーチの正解じゃないからね。真面目かw!

 そのヒトラーと結局イギリスは戦争に突入することになってしまう。ボールドウィン首相はヒトラーを見抜けなかった、このリハクの目をもってしてもとかわけわかんない言って(※言ってません)ジョージ6世を置いて内閣総辞職、弱腰首相と知られるチェンバレンに首相の座を譲ってしまう。
 そもそも王の立場すら嫌だったアルバートが、誰もやりたくないであろうこんな激動の時代のリーダーをやるはめになっちゃったのだから歴史は悪意あるよ。
 王としての素質があるかないかなんてわからない。ただもう王となっちゃったからにはやらなければいけない。

 西部邁さんは職業(オキュペーション)の意味とは「専従する」ということとか言ってたけど、確かに仕事なんてもんは、自分に素質があるかないかなんて置いといて、とりあえずやり続ければうまくなって、いつの間にか「オレの天職だ」とか言いだすものかもしれない(げんきんなヤツw)。
 だから今の若者って自分に合った仕事をするっていうのに執着しすぎなきもする。これは自分自身を戒めるためにも言っています。
 今の私がアメフト選手になることはほぼ不可能だろうけど、こういう思考の仕方はせっかくの選択肢を減らしているのではないだろうか?

 『英国王のスピーチ』って結局、震災で電車が止まった影響で、惜しくも映画館で見れなかったんだけど、今観れて逆によかったと思う。
 ベタかもわからないけど、今の日本の状況とすごい被って見えるんだ。菅さんにしろ野田新総理にしろ、実際こんな状況のリーダーなんてどう考えても貧乏くじなんだ。
 なにをどうやっても叩かれる。これはブッシュジュニアの後を継いだオバマさんも同じだろ。
 イギリスの王は内閣総理大臣じゃないから、政治を直接動かすことはできない。ただの海軍士官の私に何ができる!?と自分の無力さを嘆くシーンもある。
 でもリーダーであることには変わらない。ジョージ6世は自分の弱さを認めながらとにかくあがいた。時にはビー玉を口に入れたりもした。

 しょうもない女を取って王位をあっさり捨てちゃった兄と違い、ジョージ6世は臆病すぎて、仕事をほっぽり出して逃げ出すことができない。そんな大それたことする度胸がないから。逆説的だけど勇気のないことが彼を勇者にした。
 つまり「お前には忍耐力がある」とお父さんに言われていた通り、リーダーとして大切なのは辛くても投げ出さない心の強さなのかもしれない。
 だから菅さんってけっこうすごいリーダーだったんじゃないか?って再評価されるかもな。利権にしがみついていたわけじゃないからね。

 すごいリーダーってなんなのだろう?リーダーがリーダーの素質さえ持っていれば、さもすごいリーダーになれるようにビジネス本とかには書いてあるけど、あれウソだと思う。
 リーダーを取り巻く環境、時代がリーダーをリーダーにたらしめると思うんだよな。ジョージ6世は時代に見放されたところもあるけど、家族にも友人(言語聴覚士ライオネル・ローグ氏)にも恵まれた。それがリーダーとは最もかけ離れた位置にいた人間をリーダーにしたんだろうな・・・歴史って面白いね。

 映画の構造としてはメチャクチャ教科書通り。対照的な二人のキャラを作るとドラマチックになるという物語作りの王道をやってます(スピルバーグの法則)。
 人前で喋る機会はあるけど喋りが下手で嫌いな王、本当は俳優になりたいけど機会に恵まれない饒舌な言語聴覚士・・・とっても構図が分かりやすい。
 それ以外のキャラクターはほぼ脇役として割り切って描いたのもいさぎよい。さすが主な登場人物が一人と言う「ミスタービーン」の国英国や~

 あとコーチングの文脈からこの映画を論じている人もいそうだから、あまり掘り下げないけど、ローグさんに学歴がないのがいいよね。
 日本もイギリスも階級や学歴と言った相手の権威で対応を変えるところあるじゃん。いくらその人に実力があっても「こいつは博士課程も取ってないなら学者として二流だ」とか決めつけちゃう。事情も考えずに。
 でもジョージ6世は葛藤の末、資格のないローグ氏をコーチとして信頼し託した。ここで二人は真の友人となれたわけだよね・・・う~ん作り方がベタすぎてわかりやすいけどうめえ。

『先送りできない日本』

 池上彰さん緊急出版!日本の伝統文化「先送り」を徹底追及!?(※この本の印税はすべて義援金となります!)

 だいたい第二次世界大戦の時も、リーダーが身を切って対処しなければならない問題を先送りにして戦争へなし崩し的に行っちゃったところあるもんな(特に海軍はやりたくなかった)。怖い怖い。
 あの頃も不況で震災があって世界的な恐慌だったんだよ。まさか今の日本がもう一度真珠湾を奇襲攻撃するとは思わないが、状況はすっごい似ている。

 話変わるけどいわゆる「国家論」って面白い。結局大きな物語たりえない気がして。みんなそれぞれ自分が理想とする国家を語っているだけで、大きなお世話ってなっちゃうところある。
 つまり一見「天下国家」という大きな物語を語っている人も、結局「小さな物語=セカイ系=イッツァスモールワールド」なわけだ。
 これは「サブカルに世界は描けるか?」って記事でも話題にしたけど、あの時はあくまでもサブカルの枠で論じたけど、最近はサブカルどころかそれが人間の想像力の限界なんじゃないかって気がする。

 これを痛感したのがTPP問題。本書で池上さんが展開した主張と『国防論』での小林よしのり先生の主張(『国防論』第15章 TPP参加は食糧安保を脅かす 247ページ)が180度違う!
 どっちも日本は内需国で(グローバル市場に早く特化した韓国に比べて人口が多い)、これからより激しい国際競争の時代がやってくるとしながらも、池上さんは今TPPに参加しないと国際社会から取り残されて、それこそ「ガラパゴス諸島」になっちゃうとし、小林さんは農作物というのは工業製品のように安定供給できるものじゃない。だからお金で買えない時に備えて、国が「これまでのように管理(※『先送りできない日本』第2章は必見!)」すべきというスタンスだ。
 
 おもしろいのは小林先生は大国が海外の土地を買い取って農作物を生産し、それを自国にUターンさせる「ランドラッシュ」を日本はできないとしているところだ。
 つまり人さまの土地をぶんどり(金で買ったとしても)現地の人を飢えさせて、自国の飽食文化を維持するなんて非道な真似日本にはできないだろうと言っている。やっぱりよしりんって日本人のモラルをなんだかんだ言って信頼しているのがうれしい。

 結局このランドラッシュっていうのは21世紀型の植民地政策に他ならない。金で買えば他国の資源を支配しちゃっていいのか?相も変わらず帝国主義、歴史は繰り返しているわけだ。
 ただもし仮に日本がランドラッシュやったら農業がなかなか根付かない発展途上国に進んだ農業技術を現地提供しそうだけどね。アメリカの様な強引な適地適作はしないだろう。

 で「農業の非合理の問題はTPPと切り離して考えろ!」ってよしりんは漫画の上の方で小さく言ってるんだけど(森ゆきえ先生のオマケ漫画手法w)確かにこれやりたいのは円安輸出時代を忘れられない経済界の人たちで、日本の農家の人はもちろん反対している。
 というか産業ごとにTPP参加不参加を表明できないのかね?経団連の野郎だけ参加して、第一次産業はある程度保護をするとかさ。

 しかし戦後の日本において農業票は大票田、コメの関税約800%は分かるけど、こんにゃく芋に1706%の関税をかけているなんて初めて知ったw
 これは歴代総理に群馬県出身者が多いため、群馬県の主要産業を過剰な関税障壁をかけて守ったそうな・・・こんな防波堤作るより沿岸部の原発守った方がよかったぜ。

 とはいえ実はこの関税障壁、必ずしもかけた国に有利に働くとは限らない。それがアメリカの自動車産業を破滅させたと言う事実もある。
 あまりに国が過剰に特定産業を甘やかすと競争力が低下、結局海外メーカーにやられてしまう。アメリカの鉄鋼業&自動車産業を破滅に追い込んだのは他ならない日本なのだ!
 アメリカは日本のメーカーに対して徹底的な防波堤を築こうとするが、それに夢中になり自動車産業の発展まで目がいかなかった。
 アメリカが防戦に徹しているうちに日本はさらに技術力を向上させ、最終的にはアメリカ国内に日本メーカーが工場建てちゃって内からやっつけてしまった。

 自動車の他にも真空管、トランジスタと発展したコンピュータの開発競争でも日本はめちゃくちゃな耐久実験を行いアメリカを脅かした過去がある(※参考文献『電子立国日本の自叙伝』NHK出版)
 池上さんによれば、80年代になんと非合法な産業スパイ(IBMスパイ事件)もやったそうな。だから中国のこと叩けないんだ。それにまたスーパーコンピューター世界一に返り咲いたしな。2位じゃダメだったんだろうな。

 この痛快な経済戦争をTPPがらみでよしりんが取り上げないのはおかしい。勝ってる戦争はカッコいいぞ!と『戦争論』で言ったくらいなんだから、TPPになったらなったで反米どころじゃねえ、アメリカと全面戦争でぶっつぶしてやらあ!くらい言えばいいのだが・・・
 よしりんは毎回アメリカを批判しているけど、アメリカの物量的な強さを最も意識している気がするんだよな。アメリカは嫌いだけどその強さは認めているんだろうな。まあいいや。

 さて、アメリカはこの屈辱を今度はTPPで(牛肉やオレンジ以上に)はらそうとしているのかもしれない。なにせそもそもTPPはシンガポール、ニュージランド、チリ、ブルネイといったそこまで経済大国じゃない国々がみんなで力を合わせていこうと立ち上げた仲良しクラブ。
 そこにアメリカ(ジャイアン)が「おい、オレ達も環太平洋の国なんだから入れろ」と、乗り込んできて、どうせアメリカのことだから『アバター』のごとく主導権を握っちゃうつもりなのだろう。こういう奴いるよなw

 しかしよしりん曰くアメリカにとっての最大の狙いは、日本に農作物を売りつけることなのだ。いや農作物だけじゃない、公共事業や郵政事業、保険外診療にまで手を伸ばすつもりなのだ。
 で、そんなにモノやサービスを買ってくれるのはシンガポールやブルネイじゃない。まだ貯金箱になりそうな日本ってわけだ。じゃなきゃオバマさんは今後5年で輸出を2倍にします!なんて言わない。そんな金持ってるのは日本くらいだろうから。

 最後に「ぶれない政治家」について。最近の政局や政治報道、そして私たちの「批判」のレベルにすらなっていない叩き方って危険水域だと思う。率直に言ってバカすぎる。
 これは『先送りのできない日本』で池上さんも今の政治記者を叱っていた位。勉強不足である、と。

 確かに失言する政治家(今回は鉢呂さん)もまずいんだけど、ちょっとした言葉の上げ足とってその度に閣僚変えていたらきりがない。
 で、私対処法考えてみたんだけど、もうマスコミもバカだから国務大臣は記者会見を当分やらなきゃいいんじゃないかって気がする。それではチェック機能が!とか言うだろうけど、お前らその機能を今果たしてないよ。

 だから対マスコミ発表は内閣官房長官に一元化する。支持者しかいない政治パーティのノリでリップサービスして自爆する人が出ないためにも、一回報告書を官邸に上げてもらってみんなでチェックして、これなら失言なし!ってなったら官房長官が各省庁の意向を発表する。それでもいいんじゃないかなあ。

 で、な~んで今の私たちは政治家の言うことにいちいち一喜一憂してるんだって思うんだけど、これオレ漫画の読み過ぎだからだと思うんだよ。
 つまりリアルな人である政治家を漫画のキャラクターのように記号化しちゃって認識しちゃうから、ちょっと言うことがぶれたりすると許せないのだろう。
 何でその人がそういうことを言ったのか、そういったバックボーンを想像する力がない。映画や漫画、アニメといった映像メディアって私想像力の低下を招いたって思っているから。

 だいたい勉強すれば結論なんて変わっていくのが普通なんだ。結論とは真理でも本質でもない暫定的なものなんだ。重要なのはプロセスだろう。
 言うこと変わってもいいけどなんで変わっちゃったか納得のいく説明が上手くできる人がいいんじゃないのか。一回言ったことを何が何でも変えないって言うのは義理堅い感じもするけど頑固かもしれないし、ギャンブラーの破滅のパターンなんだ。

創作はサブカル業界の一次産業

 ある方がとあるテレビゲームのタイトルがすっごいつまらないのになんで続編の企画が通り続けているのか、首を傾げていらっしゃって、それに対する私のつぶやきです。

 結局コンテンツの質よりも売り方なんですよね。そのノウハウやブランドが商業誌の強みであり、逆に言えば強みはそこだけになっちゃったのかも。
 あのジャンプですら、そこそこのクオリティのコンテンツをコンスタントに提供するのが難しくなっているらしい。作家が育たない育てられない。

 つまり農業と一緒でコンテンツづくりって一次産業なんだよ。で、年々農業従事者の人口が減っているんだよ。
 みんな農作物作るよりも、それを投機的にまわしているだけ。次はこのアニメが流行るぞ、じゃあ買いだ(そのキャラ描こう)って。
 しかもこの市場は一度高騰するとちょっとやそっとじゃ暴落しない。まどか株もタイバニ株もまだ持ちそうだ。

 あの頃はよかった、手塚はFは鳥山は天才だったって言ったってむなしいだけ。こうなっちゃうともう滅びへの第一歩だよ。
 バクマンは娯楽作品としてはよくできているようですが、仮に企画意図が「漫画家の卵を増やそうとする戦略の一環」だったとしたら時代錯誤です。
 
 今はもうネットが、ピクシブが、インタビューズがあるんだよ。ほとんどのワナビーの「ワナビー」は満たされてしまう。
 締め切りに追われて膨大な量の仕事をこなさずとも不特定多数の人に自分の作品を発信できる。リアクションも分かる。そして作家同士で繋がれる。楽し過ぎるじゃないか。
 炎の漫画家と言われる島本先生は本業そっちのけでコミケの同人誌描いちゃう人らしいが、プロの漫画家ですらそうなんだから、ワナビーにとってはまたたびだ。

 もはやプロの漫画家に意地でもなるという強烈な動機が成立しにくくなっちゃったんだよ。それを『バクマン。』を載せている今のジャンプがどこまで理解しているのか。

 胡坐をかいてちゃいけない(ジャンプはかいててもワンピースとかがあるからいいけどw)。漫画編集は出版社を飛び出して、ネット上でピクシブで、モノになりそうな人、もしくは話題になっている人を探して積極的にヘッドハンティングするべき時に来ているんじゃないのか??

漫画の読解パターンにはジェンダーがある

 今回の記事は「少女漫画の読者(≒女性)は行間を読むことができるけど、少年漫画は雰囲気だけだと読者(≒男性)に伝わらない場合があるから、いちいち言葉で説明しなくてはいけない」と言う意見に対しての私の意見。

 これは少女漫画と少年漫画の描き方の違いというよか、男女で読解の仕方が違うって話じゃないか。または男性漫画“家”と女性漫画“家”の描き方の違いだろうね。

 男は行間が読めずに言葉に頼りすぎっていうのはテキスト漫画の私には耳が痛いけど、ここで想定している「男」って日本人だからまだ行間は読めるよ。
 もっぱら言葉を信頼しているは欧米だよね。社会契約的というか。ただ、これは欧米がコミュニケーション能力がないって話じゃない。

 ちょっと脱線するけど、私アメリカが日本にどこまで強力な圧力を今なおかけているかよく分からないんだ。だって選挙の時の討論番組でもガンガンディベートする国なんだから。
 ただでさえ外国に腰が低い日本は勝手にビビって、行間を読めとばかりに言葉を濁して、それが相手に誤解を与えて「だってジャパンはこの前こう言ったじゃないか!」て言われちゃって「はいその通りです・・・」って巨額のお金をあげている気がする。

 つまり各自が行間を読むと言うのは、自分勝手な解釈ができて楽しいけど、他者との解釈の共有化が難しくなる。オタキングが言った「女性オタクは自分のアイデンティティの問題に直結する」と言うのはまったくもって正しいわけだ。

 まあ漫画は別に外交的な交渉じゃないからいいんだけどさ・・・雰囲気だけかもし出されても困るわけ。それは行間を読むことができないんじゃなくて、自分勝手に解釈したってどうせすれ違いを生むだけだからする気が起きないんだ。

 マロさんが「少年漫画と少女漫画の違いってモノローグ(一人称的内言)に現れますよね」って言っていて、面白いな~って思ったんだけど、モノローグと言えば少年マガジンの担当さんはモノローグのある一人称視点の漫画が好きで「そういう構造で描いてくれない?」と言われて作ったのが『クオリア』だったんだよな。私だって描く気になれば描ける!ww

 とはいえ漫画の文脈をろくに知らず漫画を描きだした上にスピ様ファンの私は、自分の漫画にしばしば映画の手法を持ち込むんだけど、やっぱり視点が三人称になってしまいがち。
 そう考えると映像よりも活字媒体の方がやりやすいのがモノローグなのかもしれない。

 あと極論をあえて言うと少女漫画の読者(≒女性)はハナからメタに読む気なんてないんじゃないかって気もする。これは別にメタに読めないから女性が劣っていると言うわけじゃない。

 だから行間没入派にとってみれば「メタ的に読むなんて、なんてつまらないものの見方をしているんだろう」ってなるし、メタ読解派にしてみれば「行間を読むって言うけどそんな細かい部分自己補完でしかないよ」ってなるのだと思う。どっちもやれば楽しいのにって私なんかは思うけど・・・

 そういや、コアなオタクって男女問わずどこかメタ的にものを見ている(気がする)。その理由はたくさん作品を見て知っているからだと思う。
 集合を構成する要素の数が多いと、分類や比較ができて、なおかつ構造主義的に普遍的構造を見出したりするだろうし(岡田斗司夫さんに言わせれば最近のオタクはそこまでのレベルに達してないらしいが)。
 たくさん同じような萌えアニメ見てたら、それらに内在する共通項の存在に気付くはず。でハイコンテクストになっちゃうはず。で、似たようなオタクスラングを使って交流し出すはず。

 最後に思ったんだけど「感情移入」って行間没入型が得意な読解方法の様な気がする。つーか行間没入しないとできない。
 作品の中のキャラを生きたものとして捉えて、それが作者の作りものであるという事実を“あえて”無視しているわけだから。
 志村けんさんがコントでバカなことやってて、それを見たちびっ子があれは演技でバカなふりをしているんだよなんて言っちゃおしまいなのと一緒。

 だいじょうぶだあはメタ的に見なくてもだいじょぶだあ。
Calendar
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275